親指がボロボロ

日常で思ったことを書いていく雑記ブログ

人生

異常独身男性くんは通勤電車のなか

相変わらず某ウイルスは蔓延しているというのに緊急事態宣言が解除されたからとまた全員出社になってしまった。意味がわからない。緊急事態宣言が解除されたら安全なのか?んなわきゃないだろ!そんなに安全なら歌舞伎町をノーマスクで歩きまわってもらって…

最近遺産を相続して貯金はあります。よろしくお願いします

午前8時57分。仮面ライダーセイバーを見るために目を覚ます。しかし起き上がる気力が起きず、半分寝ているような意識で視聴開始。おかげで今週の脚本は長谷川圭一さんではなかった事以外何も覚えていない。 午前11時30分。二度寝から目を覚ます。目を覚まし…

田舎の一軒家の縁側で毎日女の子と外を眺めながらお茶を飲むような生活

今日はお昼に焼肉を食べた。やはり牛肉は良い。肉を噛みしめるたびにトリプトファンがセロトニンに変わる音が頭の中から聞こえてくる。 栄養バランスの取れた食事を全く苦にならず365日続けることができるならいいが、それは厳しい。やはり美味しいものをカ…

あなたには失望しました

「今までの人生で失敗ばかりだったせいか、自分に自信が持てず、全てを諦めてしまっている。そしてそれが表情に出ている」 このような事を面と向かって言われてしまった。チクチク言葉どころかグサグサ言葉だ。主観的には自分は変われたと思っていたのだが、…

何だか虚しくなってきたので吐き出してみる

歯医者で歯をクリーニングしてもらった。自分の歯ってこんなに綺麗だったのかと驚愕するほどピカピカになり、この綺麗さをなるべく長く維持できるように頑張ろうと静かに決意した。 先生には「歯周病を意識したほうがいい年なので、歯磨きには気を使ってくだ…

何もないだだっ広い空間を1人歩く

他人から悩みを話してもらえるというのは少し不謹慎かもしれないが、自分という存在を信頼してもらえている証拠なのでやはり嬉しく感じる。それと同時に、他人に自分ができることって思った以上にないんだなと無力感を抱かずにはいられない。 例えば相手の家…

つまらなくなりましたね

この前「を水さん最近ブログ記事つまんなくなりましたね!」と言われてしまった。彼いわく、まだ自分が病んでいた頃の尖った記事が好きだったらしい(この記事はよかったと言ってたけど)。 まあ自分でも良く言えばおとなしくなった、悪く言えば無難すぎる記事…

創作するようになって気づいた一つの変化

ふとした瞬間にメンタルがさらに強くなっていたことに気づいた。 当然嫌なことがあればイラっとするし、辛いことがあれば落ち込む。この前はあまりにも腹が立ったせいで、帰り道に深夜で人がいないのをいいことに「ふざけるな!!」と大声で叫んでしまった。…

完全にジャンクになる前に

2日前。久しぶりにうまい棒を購入した。30本入で300円(税抜)。普段スナック菓子は極力買わない・食べないようにしているのだが、まあ、2週間くらいかけて食べればいいだろう。そう思っていた。 昨日今日で30本全て食べつくしてしまった。さすがうまい棒。う…

天井の照明を眺めながら

祝日の昼下がり。読書の最中不意に集中力が切れた。そういうときは大抵Twitterを開いたり、ニュースサイトをチェックしたりして時間を浪費してしまっていた。 しかし今日はそんな気分になれなかった。背もたれに背中預けながら首を大きく反らし、天井を眺め…

こうなっちゃうと案外気づかない

2020年9月20日夜。自分の中にあった価値観もとい固定観念が破壊された。 破壊された直後は一時的に思考能力が著しく低下し、そんな固定観念に脳を支配された事により捻くれた見方しかできなくなっていた自分が恥ずかしくて仕方なかった。そしてしばらくの間…

やはり深夜はよからぬことを考えてしまう。

個人的に湯船に潜るのが好きだ。瞼の裏にある模様のある闇の中で何かを考えるのは、わずかだが非日常感がある。 今日もなんとなく湯船に潜り、闇の中でとりとめのないことを考えているうちに息苦しくなってきた。湯船から頭を出して息継ぎをしなければ……と思…

独身男性は早死しやすい。 しかし年金は払わなければいけない。 よって独身男性にとって年金は税金となんだ変わらない。そして独身男性達が払った税金は……。 なんだか悲しくなってくる。ああ年金払いたくねえ。 やっぱり男はつらいよ。世は男性社会だとか言…

苦しみが軽くなる瞬間

「現実ってなんでこうなんだろう」とふとした時に思ってしまうことがある。勿論、そのようになってしまっているのには理由があり、グロテスクさを感じてしまうことがあってもそれが合理的だからなのだろう。それでも、「こうだったらいいのにな」と思わずに…

2020年宇宙の旅

今日は午後からひたすら小説を書いていた。休日はついだらけてしまって平日の方が書いている時間が多くなってしまうこともあるが、今日はそうなることなくしっかりと書き進めることができた。 小説を書いているといつの間にか自分が普段考えているが上手く言…

気がつくと精神が腐る

最近『在宅勤務だからだ』とか関係なく、仕事のやる気が出ない。納期に余裕があるわけでもないのに怠けてしまい、後になって自己嫌悪してしまう。だが同時に「今会社のために頑張って数年後、自分に何が残るのだろう」と捻くれたことも考えてしまう。 しかし…

正しいか間違ってるかより、自分の中で良いかどうか

このブログも気がつけば1000記事を超え、小説家になろうに小説を投稿するようになってしばらく経った。 継続は力なりとはよく言ったもので、ブログも小説も「面白かったです」と言ってもらえるようになってきた。やはりそういう風に言ってもらえると「人の役…

自分の哲学に新たな1ページが追加された

まずこちらの写真を見て欲しい。 なんというか、「ずるい」と思ってしまうくらい可愛い。可愛すぎて、眺めているだけで笑顔になってくるし、なんだか幸せな気分になってくる。そして気がつけば焦り、不安といった負の感情がどうでもよく思えてきた事に気がつ…

当人が満足なら、いいことだ。

ふとカルト宗教の手口に興味が出てきたので『完全教祖マニュアル』を読んでみた。10年以上前の古い本だが、書かれている内容は普遍的なもので全くで古さを感じさせなかった。むしろ最後まで読んで「この本が出版されたの10年以上前だったのかよ……」と驚いて…

進化の証

本日、開発を続けていたアプリをリリースした。 この業界で働くようになってしばらく経つがやはりこのリリースという行為は緊張する。アプリに限らずWebサービスは基本的に一度リリースして終わりということはない。継続的に修正を加えていくことが殆どだ。…

様々な基準

最近割と幸せだ。今日は休みなので昼間まで寝ることができて幸せだった。今日見た映画トランス・ワールドがとても好みで見終えた後幸せな気持ちだった。夕飯に特売の牛肉を大量に焼いて食べた。明日以降が少し心配だが幸せな気持ちだ。 といった具合にまあま…

アドバイス

他人と付き合っていくうちに「ここ苦手だな」「ここ直した方がいいんじゃないかな?」と思うことがどうしても出てくる。そしてそれを相手に言うべきか悩む。 長い目で見たら言った方が良いのかもしれない。しかし言ったら最後、その場に何とも気まずい空気が…

強く望まれる

最近ブログを書きたいという気持ちが無くなっていた。なぜブログを書きたい気持ちが無くなってしまったのかというと、最近ぼんやりとした不安を感じることが無くなってきたからだ。 不安というのは厄介なもので、頭の中だけで解消しようとすると考えれば考え…

生姜焼き定食(ご飯大盛り)

人間の悩みは時代が変わっても変わることはない。人間関係や将来への不安。細かいところは時代とともに変わっても、大まかなところはずっと変わらない。そしてその悩みについての答えは大昔に出ていたりする。 最近のブログの記事はほとんどが日常の悩みにつ…

ポジティブに行こう!

性根がネガティブ思考なので、気がついたらまたネガティブな記事を書きそうになってしまった。 まあ人間生きていればネガティブなことをつい考えてしまうものだが、それってやっぱり意味がない。どうせなら自分でも笑ってしまうくらいポジティブな方がいい。…

みらいのじぶんが あらわれた!

twitterのタイムラインを眺めているとやたらと酒を飲んでいたり、いつ寝てるんだと思ってしまうくらい不規則な生活をしている人を見かける。そういう人達を見ていると「死ぬわアイツ」とまでは思わないまでも「将来体を壊さないかな」と心配になってしまう。…

結局一つの結論にたどり着く

年末にとある人と会話していた時の話。彼の発言の中で引っかかるものがあった。それを聞いた時「お前それマジで言ってるのか?」と思わずにはいられなかった。そしてその発言に少し傷ついた。しかし彼の表情からは嘘ではなく本当に思っているように感じられ…

気分転換初め

正月休み最終日。体がなんだかだるくて結局昼間まで寝てしまった。何日か前に生活リズムを戻そう!と思っていたが結局今日まで生活リズムは乱れたままだった。明日から規則正しい生活ができるか不安だ。 結局ベッドから出たのは12時過ぎ。正月休み最終日に引…

食べたいものも見つからない

今日は予定があったのだが色々あって消滅した。そして明日の予定も消滅した。連続でこのようなことがあると少し悲しくなってくる。だがどちらも予定を入れてからやめておけば良かったと少し思っていた。だから悲しい気持ちはありつつも楽な気持ちになった自…

他人の死を受け入れられる場合と受け入れられない場合

今日まで実家に帰省していた。実家に規制している間、夜は昨年亡くなった祖母の部屋で寝ていた。ある程度両親が整理したとはいえ祖母がこの世に存在していた証がまだ部屋のあちこちに残っている。不思議な感覚があった。なぜこの部屋に祖母はいないのだろう…