親指がボロボロ

日常で思ったことを書いていく雑記ブログ

青春は終了しました

『その太ももで錬金術は無理でしょ』という迷言で話題になったライザリン・シュタウトが主人公のライザのアトリエのページを見ていたら懐かしい名前を見つけた。

f:id:womizu:20190917101802p:plain

高橋弥七郎・・・!?

全く気づかなかった。

高橋弥七郎氏といえば00年代~10年代前半を代表するライトノベル灼眼のシャナ』の作者だ。灼眼のシャナが青春の一部だったというオタクもアラサー世代だと結構いるのではないだろうか。

ライザのアトリエは様々な事で話題になったが、高橋弥七郎氏を起用!というのはあまり話題になっていなかったあたり、すでに過去の人になってる感が悲しい。

まさかの高橋弥七郎氏をアトリエシリーズに起用という時点で驚きなのだが、そもそもアンタ今まで何してたんだ……

名前が出てないだけでソシャゲのシナリオを書いたりしていたのだろうか。それとも兼業作家だから最近は書いていなかっただけなのか。とりあえず引退してなかったのは嬉しい。ライザのアトリエも買おうか検討しよう。

とりあえずカナエの星の事は忘れるのでまたラノベ書いてくれたら嬉しいです。

休日を独りで過ごすのは俺だけかよ

誕生日プレゼントにもらった36ピース クリスタルギャラリー シナモロールをやっと完成させた。思ったより難しくて完成まで2時間かかってしまった。2時間もかかってしまったので完成させたときは嬉しさのあまりガッツポーズをしてしまった。

f:id:womizu:20190916140329j:plain

36ピースとそこまでピース数は多くはないのだが、なぜ2時間もかかってしまったのか。このクリアボディが原因だ。

組んでいる途中の写真を見てもらえれば分かると思うが、クリアボディのおかげで断面図がどうなっているのかが非常に分かり辛い。クリアボディではなければもっと早く完成できただろう。特に首周りが分かり辛く、↓の写真の状態で1時間くらい使ってしまった。

f:id:womizu:20190916113310j:plain

苦戦している間は「連休最終日に引きこもって俺何やってるんだろう」と思わずにはいられなかったが、完成間近は気分が高揚して手が止まらなくなった。こんな気分になったのは久しぶりだ。そして完成したときは年甲斐もなく大喜びしてしまった。まあ出かけるだけが休日の過ごし方ではないし、ダラダラtwitterを眺めていたら休日が終わってしまった!という最悪な休日の過ごし方よりは遥かにマシだから良しとしようw

 

せっかくなので写真を何枚か。

f:id:womizu:20190916140616j:plain

f:id:womizu:20190916135517j:plain

f:id:womizu:20190916134805j:plain

f:id:womizu:20190916140933j:plain





 

現実世界はおっさんに厳しい世界です

昨晩はオフ会で盛り上がったため帰宅したのは1:30だった。そして眠りについたのは3:00頃。プリキュアを見るために8:30頃に一度起きるも、眠すぎて見事に二度寝をしてしまう。次に目が覚めたのは12:00だった。お昼を食べて家事を済ませてボーッとしていたら15:00を過ぎていた。また眠くなってきた。座椅子の背もたれを倒して目を閉じたら2時間ぐっすり眠ってしまっていた。気がつけば日曜日の殆どが終わってしまっていた!!!明日も休みで本当によかった。もし明日が休みではなかったら間違いなく後悔の念に苛まれていただろう。

昨日東京湾納涼船という名のナンパ船に乗っていた時に話しかけられた女性には20半ばくらいに見える(お世辞だろうけどw)と言われたが、すっかり体がおっさんになってしまった。数年前は徹マンして少し寝て仕事に行ったりしてたが、今はもう無理だろう。しっかり休まないと頭と体が動かない。少しずつ体力の低下を実感するようになってきた。最近シャドーボクシングをするようにしているが、もう少し運動量を増やして体力低下と戦っていこうと思う。

 

 

違う。ターイムマスィ――ンだ(両手で奇妙なポーズを取りながら)

私の働いている会社は仕事中イヤホンOKなので音楽を聴きながら作業をすることもある。

今日は最近聴いていなかったamazarashiの曲を聴くことにした。

最近はほとんど聴いていないものの、今年の前半あたりでメンタルがボロボロになっていた頃はamazarashiばかり聴いていた。メンタルがボロボロな時こそamazarashiの後ろ向きな歌詞がとても刺さるのだ。

amazarashiの曲を聴きはじめて数分後、何か違和感があることに気づいた。頭が重い。まるで頭の中に黒くて粘度の高い液体が溜まっているようだ。そしていつの間にか気分が落ち込んでいた。いつの間にか心と体がメンタルがボロボロだった頃に戻り始めていた。これはまずいと思い聴くのをやめた。代わりに後ろから這いより隊の曲を聴くことにした。

昔好きだった音楽を聴いているといつの間にか気持ちも『あの頃』に戻る。一人暮らしを始めたばかりの頃何故かLady GagaのPoker Faceばかり聴いていたのでたまに聴くと当時を思い出して懐かしい気持ちになってくる。

amazarashiの曲は聴いていると『刺さる』ので好きだし、amazarashiに何も罪はないけどしばらくは聴けないかもしれない。自分の葬式にはエンディングテーマを流して欲しいくらいだけど、秋田ひろむさんの歌声を少し聴いてるだけでなんだか辛くなってくる。いつか聴いても気分が落ち込まない日が来るのだろうか。今でも小学生の頃に好きだった曲を聴くとあの頃に戻りそうになるので難しそうな気がするが。悲しい。

これを教訓にしてメンタルが弱ってる時に特定のアーティストの曲ばかり聴くのはやめようと思う。そしてメンタルが弱ってきたと思ったらメンタルが好調だった頃に聴いていた曲を聴こうと思う。そんなのあったかな?あれ、ないやw

 

 

メンタル何年保てる?

メンタルが比較的安定してきて数ヶ月。比較的平穏な日々を過ごしている。いいことだ。だが最近思うのだ。ただ何もしていないだけじゃん。

その証拠に最近ブログで書けるネタがない。一時期は毎日のようにブログのネタが思いついた最近は無理やり絞り出さないとネタが出てこない。代わり映えのない毎日を過ごしている証拠だ。これは良くない。

電車に飛び込みたくなるレベルで傷つくのは駄目だが、軽く傷つくのは大事だと思っている。それが日常のスパイスになる。また何か始めよう。何をしようかな。

 

matsukiyo MEN'S毛穴パック炭 10枚入を使ってみた感想

安かったので試しに買ってみた。

matsukiyo MEN’S毛穴パック炭 10枚入

普段使っているメンズビオレ 毛穴すっきりパック 黒色タイプ 10枚と比べて100円程度安い。

何度か使ってみた感想だが、個人的にはあまりおすすめできない。

まず1つ目の理由として、乾くのが遅い。パッケージ裏面には10~15分と書いてあるのだが、15分では乾ききっていないため鼻に黒いネバネバしたものが大量に残ってしまう。実際は20分は必要だ。

2つ目だが、競合品のメンズビオレ 毛穴すっきりパック 黒色タイプ 10枚のように切れ目が入っていないので鼻にきれいに貼れない。どうしてもシートにしわが寄ったり、シートが鼻からはみ出てしまう。

f:id:womizu:20190910205907j:plain

発売前に15分では乾かないとか、きれいに貼れないとか発売前に試験してれば指摘される気がするのだが...。安いから仕方ないとは言え、もうちょっと頑張ってほしいな。と思わずにはいられなかった。

 

そして次の一年が始まるのです

今年も無事誕生日を迎えることができた。twitterで思っていた以上にお祝いのリプをもらえて嬉しかった。ありがとうございます。

幼い頃は一つ年を取るたびに自分の可能性が一つ増えたような感覚があった。だが、いつの間にか一つ年を取ることはまた一歩死へ近づいた。としか思えなくなってきた。一年ごとにこの年齢という数字が一つずつ増えていって、数字が増えなくなったときは自分が死んだ時だ。その数字が増えなくなるのはいつなのか。まだまだ先の話かもしれないし、もしかしたら来年かもしれない。

いつなのかは分からないが、今日また一つ増えた自分の新しい年齢を頭の中で繰り返していると数字が一つ増える前より焦燥感が少しだけ強くなっていることに気づいた。結局去年達成したかったことがほとんどできなかったからだ。今年は一つくらいは成し遂げよう。

何もしなくても気がつけば勝手に人生は終わるけど、どうせ終わるなら少しくらいは願いを叶えてから逝きたい。少なくとも、来年の自分が今の自分を見ても「やり直してぇ!」と思わない程度にはいい一年にしたい。とりあえず良縁に恵まれますように。