親指がボロボロ

日常で思ったことを書いていく雑記ブログ

イジョドクの迷走

10月の終わりから11月。ここ数年はなぜかだか分からないが、女性と新たな出会いのある時期になっていた。そして最後は必ずこちらが必死になりすぎて嫌われるのもセットだ。女の子は難しい。

出会いがあるだけいいじゃないかと思うかも知れないが、んなことはない。逆にその辺りを歩いてるカップルが余計羨ましく感じてしまう。

今年はどうだろうか。緊急事態宣言は解除され、某ウイルスの感染者も激減しているが、今の所まるで気配はない。心をかき乱されるのはつかれるけど、本音を言うとやはり寂しい。

しかし、これで良かったのかもしれない。転職が決まり新しい会社に入るので新しいことを覚えなければならないし、小説の新人賞に応募するための時間も必要だ。女の子のお尻を追っかけている場合ではないのだ。

とは言ったものの何があるかは分からない。髪型、眉毛、スキンケアといったものは日頃から気をつけているし、今年の夏くらいからは服装もずっと抵抗があったビッグシルエットに手を出すようになった。手前味噌だが、三色チーズ牛丼を注文してそうな顔つきだった数年前の自分と比べると見違えるほどに顔つきが良くなっている。いつひょんなことから出会いがあってもバッチリだ。まあ、そんなラブコメみたいなことはそうそう起こらないだろうけど。

見た目の話は置いておいて、去年から新人賞に投稿するようになり先月までで3作小説を書いた。今は4作目のプロットを練っているところだ。

もしかしたら、こいつ充実してるなと思う人もいるかもしれないが、そのとおりだ。小説を書くのは楽しい。いいアイディアが浮かんだり、いいシーンを書けた時の万能感は気持ちいいし、書くこと自体も楽しい。もっと面白い小説を書けるようになりたいという向上心もあるし、小説を書くということで今まで世界の見え方が変わってしまったこともある。もっと早く書き始めればよかったと思っている。最高だ!
しかし、小説の技術書を読んだり、好きな作家の小説を写経したり分析したり色々やってみているが、そうすればするほど、小説というものがよく分からなくなってくる。読んでいて興味を惹きやすくなるストーリー展開や、共感を得やすくなるキャラクター設定、プロットの書き方、そういったものは分かってきたけれど、それはあくまでも知識であって、けっして『正解』ではないのだ。それらを学んでも、『なんだか違う気がするけど、締切に間に合わせるために良しとする』ことを甘んじて受け入れなければならない。完璧主義の自分にはこれがけっこうつらい。

まあ、きっとベテランや過去の文豪たちも同じことで悩んできたのだから、小説を書き始めたばかりのペーペーが簡単に解消できるわけないだろということも分かっているし、そもそも小説に正解なんてものはなくて、誰が読んでも面白くない小説は書けても、誰もが面白いと思えるものなんて絶対に書けないとは分かっている。しかしそれでもこのもどかしさはあまり楽しくない。

結局の所、小説に限った話ではなく、やはり何事にも完全な正解はない。ファッションの話でいうと、本を読んだりネット上の記事を参考に昔の自分なら絶対買わなさそうな服を買うようになったが、オシャレなのか、ダサいのか分からなくなってしまうときが何度もある。少なくとも小汚くはないと思うが、不安になって様々意見に振り回されてしまい、買ったはいいものの何回か着ただけでタンスの肥やしになってしまった服が結構な数あり、おかげで収納スペースが足りなくなってしまっている。

徐々に冬になりつつあるが、今年買った服は今持っているアウターとは合わせにくくて新しく買うしかなさそうだが、今持っているアウターはまだきれいで着られるし、今年は少し服を買いすぎた感があるのでこれ以上の出費に躊躇してしまうが、かと言って合わない今のアウターと新しく買った服たちを合わせることに抵抗がある……という困った状態になってしまっている。

そして生き方についてもそうだ。女の子を求めるのは本能で一生付き合っていかなければならないのだから、小説なんてもう諦めて仕事に集中して収入を上げ、モテ力を上げる。という選択肢もあるが、小説を書き続けることも決して完全な間違いではない。もしデビューできれば人気が出てモテる可能性もゼロではない。今も小説を書いているのも、モテ力のない自分に存在理由を与えるためという面もあるし。結局どちらもモテにたどり着いてしまうが、男なんてそんなもんだ。風野灯織ちゃんと交際したい。

 

異常独身男性は衰退しました

最近気がつけばYoutubeでダラダラと動画を見ている時間が増えてしまった。

見ているのはゲームプレイ動画や、ゆっくり解説がメインだ。これらの動画はそこまで長くなく、かつ頭を全く使わないので気軽に楽しめる。

しかし、その気軽さが問題だ。10分程度見たらやめるつもりが、1時間2時間と見てしまって自己嫌悪に陥ることが何度もあった。時間には限りがあるし、録画したアニメを見たり、買った小説を読んだりと他にやるべきことがあるのに、つい自分を甘やかしてしまう。仮に本当にやることがなくても、有意義な時間の使い方とは言えないだろう。

そしてこういう動画ばかり見ていると頭が悪くなってくるのが分かるし、小説や映画のような長いコンテンツを楽しもうにも集中力が途中で切れてしまう。見るストロングゼロのようなものだ。

しかしこうなってしまうのも仕方ない。動画投稿者達は沢山の人に見てもらうために努力しているし、Youtubeも興味がありそうな動画をリコメンドに表示してくる。Googleという世界でも有数の頭のいい人たちが利用者の時間を無限に吸収するために作ったYoutubeというブラックホールに個人の意志だけで太刀打ちできるものではないのだ。

しかし一切Youtubeを見ないというのも現実的ではない。ただ時間を潰すためではなく、必要な情報にアクセスしたい時にYoutubeを見る必要がある場合もある。

解決方法は1つしか無い。「動画ばっかり見てないで私を見て」と言ってくるような女の子を見つけること。どなたかひとつ、よろしくお願いします。

 

ようこそ孤独死上等の年齢へ

最近仕事が忙しくて精神的余裕がない。ブラウザで開いているBacklogのアイコンに赤いバッジが付くたびに胃痛が起こり、思わず舌打ちをしたくなってしまう。

客は深夜にもバグがないかテストしているようで、朝仕事を始める前に神に祈りながらBacklogを開くのが習慣になってしまった。こんな状態のせいで退勤した後も気が休まらなくて精神的に辛い。朝出勤したらバグが10件報告されていたときは会社支給のPCを叩きつけて破壊したくなった。

さらに在宅勤務で運動量が減り(これは自分が悪いけど)、仕事が忙しくて筋トレする元気も時間もないという状態が続き、体力が明らかに落ちていた。このままではまずい。そのため昨日は少しムリをして以前と同じ量の筋トレを行うことにした。

おかげで全身が筋肉痛になってしまった。しかし、だからといって全く運動をしないのはまずい。録画したはいいものの一話も見ていない『かげきしょうじょ!』を昇降台を踏みながら一気に見ることにした。5話では思わず涙を流してしまい、冷房が効いた部屋でも汗だくになるほどに運動をすることができた。

ヘトヘトで汗だくになるとシャワーで済ませるのではなく、やはり湯船に浸かりたくなるし、いい選択のはずだ。

だが、今回は予想以上に疲れてしまっていたせいか、湯船から立ち上がった瞬間、今までに無いほどのめまいに襲われ、浴室で気を失い、倒れそうになってしまった。

浴室には突起があったりと、気を失ってしまうと大怪我どころか命を失う可能性もある危険な場所だ。20~65歳の家庭内事故のうち4%は浴室で起きている。多くはないが、珍しい場所ということはないだろう。

これで家族と同居しているならば早い段階で発見されるだろうが、残念ながら一人暮らしだ。今回はなんとか助かったものの、そのまま浴室で黒い汁になってしまった未来もあったかもしれない。そう思うと寒気がしてくる。下手なホラーより何倍も怖い。

やはり働きすぎと精神的余裕がないのはダメだ。もう今の仕事やめたい。

 

Twitterではつぶやけない話

何とは言わないが、ふと「背の低い子としたい」という欲求が生じ始めた。

適当にお店のホームページを開き、良さそうな子がいないか探していると『146センチFカップ』というとんでもない逸材を見つけてしまった。前世でどれだけ徳を積んだらこのような二物を得ることができるのだろうか。

予約するべきか迷ったものの、このご時世だから濃厚接触によってもらってしまう可能性もあるし、大した給料をもらってないサラリーマンの自分に4~5万の出費はなかなか痛いものがある。

結局「こんな恵体なんだから予約はすでに埋まってるだろ」と本当に埋まっているかを確認せずにページを閉じた。4~5万得した気分だ。やったぜ!

 

しかし、それにしても不思議だ。昔は正直の所身長なんて気にしたことなかったのだ。なのに今は明確に「背の低い子としたい」と思っているのだ。

ここで勘違いしてもらいたくないのだが、「幼い子としたい」わけではないのではなく、「背の低い子としたい」のだ。もちろん低身長熟女は流石にご遠慮願いたいが。

一体自分に何が起きているのだろう。そもそもこんな赤裸々なことを世界中に公開するなんていうイカれたことをしようとしてることが一番『何が起きているのだろう』なのだが。

 

真夏の異常独身男性日記

気がつけば一ヶ月以上ブログを書いていなかった。

これで毎日のように女の子と愛を語らってるからブログなんて書く時間もないし必要もない、とかならばよかったのだがそうではない。

転職活動、新人賞に応募する小説の執筆、最近サボリ気味だった技術の勉強、隙間時間の使い道はこれら3つを優先するようになり、ブログは随分後ろの方に追いやられてしまったからだ。

転職活動は今まではGreenやマイナビ転職で直接自分で応募をしていたが、今回は転職エージェントを使うことにした。

転職エージェントは以前も使っていたのだが、その時は思うような求人を紹介してもらえず、また面接も全然上手く行かず、途中でエージェントからの連絡を全て無視してしまった。今振り返ってみれば、当時は今よりさらにろくな経験もスキルもなかったのだから仕方なかったのかもしれない。

今回は以前と比べて年齢の割にショボすぎる経験とスキルながら、エージェントが職務経歴書を添削してくれたり、面接で想定される質問を教えてくれたりとなかなか良さそうな会社の面接に進むことができた。

求人サイトを介さず直接応募をするより、エージェントをはじめとした転職サービスを利用すると若干選考が厳しくなるというデメリットもあるが、個人的にはそのデメリットをチャラにできるほどエージェントを利用するのはメリットがあるなと思っている。

履歴書というものが存在しないので写真を撮りに行く必要はないし、前述の通り面接や書類のアドバイスをしてくれるのはとてもありがたい。それになにより、1人で転職活動をしていると準備が適当になってしまったりと『甘え』が発生してしまう。しかしエージェントを利用していると、自分1人でやっているわけではないのだからちゃんとやらねば。という強制力が発生する。これが一番大きい。

そういえば、仕事をしながら転職活動をするのは随分久しぶりだ。最近はもっぱら会社を辞め(クビにされ)てから仕事を探していたため転職活動というよりは、再就職活動だった。仕事がなかなか決まらなくてもそこまで焦らずに済むのは精神的に楽だが、最近仮病を使いすぎて怪しまれている気がする。仮病を使うこと自体で良心が痛んだりは別にしないのだが。

 

続いて新人賞に応募するために書いている小説。4月の半ば頃から書き始めて、やっと10万7500文字。あとはエピローグを残すのみのところまで来た。目標としては8月半ばまでに最後まで書き終えて、後は締め切りの9/30までひたすらブラッシュアップをする予定だ。

なんとなく思っていたのだが、gitの履歴で確認してみたらやはり去年より執筆スピードが落ちている。

去年も今年と同じ新人賞に応募したのだが、6月終わりから書き始めて8月末には一旦最後まで書き終えていたのに、今年は4月半ばから書き始めて未だに終わっていない。本当は別の新人賞に応募するつもりだったのだが、遅れに遅れて、結果的に同じ新人賞に応募することになってしまった。

これはやはり良くない。とにかく書けば上達するかといえばそんなことはないが、そもそも書かなければ絶対に上手くならないのだ。書く時間が十分にあるにも関わらず数行しか書かない日があるのは良くない傾向だ。

小説を書くのは、面白い物語を書きたいというのもあるが、人生に刺激を与えるためだ。もし受賞して本を出せることになれば、新しい世界に足を踏み入れることができる。そこは思っているほどいい所ではないかもしれないが、少なくとも今までの人生で縁がなかった人たちと関われることになる。それは間違いない。

最近は朝が一番頭が回るので早寝早起きをして小説を書くようにしている。夜に書くと頭が回らなくて上手く書けずイライラして自己嫌悪に悩まされてしまうので、正解だったと思う。代わりに仕事中に普段より早い時間に疲れを感じるようになってしまったが、これは仕方ない。

そんな感じで思うようにはいかないけど、全く書かない日は1日もない。そこは自分を褒めたいと思う。

 

とまあ、内定は欲しいし、面白い物語を書けるようになりたいが、やっぱり一番は女の子からの愛が欲しい。

異常独身男性くんは通勤電車のなか

相変わらず某ウイルスは蔓延しているというのに緊急事態宣言が解除されたからとまた全員出社になってしまった。意味がわからない。緊急事態宣言が解除されたら安全なのか?んなわきゃないだろ!そんなに安全なら歌舞伎町をノーマスクで歩きまわってもらってこようかな?と本気で考えてしまう。もしもらったらカップルがいっぱいいるところでひたすら咳き込みたい!幸せをおすそ分けだ!
そんな風に愚痴ってはいるが、悲しいかな、なんだかんだで会社は自宅より集中できてしまうのが悔しい。だけど笑い声が人類とは思えないほど気持ち悪い部長や、席が喫煙者だらけの島の近くになってしまったせいでタバコ臭くてイライラするのでやっぱり自宅で仕事をしたい。というか転職したい。次は偉い人がタバコ吸わない会社で働きたい。あの時は今の会社に入るしか選択肢がなかったとはいえ、選んだ俺が悪いんだけど。
仕事を終えて帰り道。楽しそうに騒ぐ高校生の集団を見ていると俺の人生ってなんだろうと何となく消えてしまいたくなってくる。
最近は六芒星の真ん中に赤文字で『飽きた』と書いた紙を手に持ったり、枕の下に置いたりしたけど未だにこの世界に留まり続けていて、異世界に行ける気配はまるでない。まあ、元から信じちゃいないのだが。
転職したいと言いつつも仕事はそこまでキツくないけど、分からないことだらけでしかも日本語の情報だけだと解決できないのでDeepLやグーグル翻訳の力を借りながらなんとな仕事を進めていく。自分の技術や経験になってることはあるけど、俺なんでこんなことやってるんだ?と、仕事中何度も手が止まる。俺はこんなことするために生まれてきたんじゃない!と散歩に行くと見せかけてそのままバックレてしまいたくなる。あと今はキツくないだけで将来的にはきつくなりそうで今からもう嫌でたまらない。
しかしバックレることは根本的な解決にはならない。一時的には仕事から開放されて自由を得ることができるが、金には限りがあるし、将来的には退職手続きのためにバックレた会社の人達と話をしなければならないと考えるだけで胃が痛くなってくる。絶対に気まずいだろ。
今までの生活が大きく変わるようなことを大胆に......というより何も考えずにやったところで状況が好転することはない。仮に好転したとしても何か大きな代償を払うことになる。人生は人間の体と同じで強い薬を使うと副作用に悩まされることになる。
大きな病気を少しずつ直していくように、少しずつ人生を良くしていくしかないのだ。
とりあえず前から使っている転職サイトを仕事中にこっそり巡回したり、転職エージェントに登録して面談を予約した。
今の会社は今の会社で経験は積めているけど、もう少し自分の興味の持てるサービスを作ってる会社で働きたい。まあ、待遇がめちゃくちゃよければあんまり興味なくてもいいんだけど。今の会社は残念ながら会社の評判サイトでヤフーの(元)社員の声を読んでいると涙が出てくるレベルだ。
本音を言えばそもそも働きたくないが、仕事をしているからこそ逃避先として小説を書く気が起きているという一面があるので自分の時間がちゃんと取れる会社でなら喜んで働きたい。なんだかんだでエンジニアという仕事は結構好きなのだ。
そういう意味ではそんなに悪くないと思える仕事を見つけられてる自分は幸運かもしれないが、こんな人生続けることに意味はあるのか?とつい考えてしまう。
保湿はしっかりしているし、外に出る時は日焼け止めを必ず塗っているけどそれでも顔は老けていく一方で、道端で可愛い女の子を見かけても虚しくなる。そう彼女たちは姿は見えるけど違う世界に住む生き物なのだ。違う世界に住む相手には触れられないし、無理やり触れようとすると死ぬ(社会的に)。
転職についてもそうだ。転職したら全てが解決するわけはないし、そもそも今より待遇のいいところに転職できる保証なんてない。待遇のいいところには会社に対してそれ相応の価値を与えられる人間しか入れないのだ。自分はそれだけの能力があるのだろうか?毎日仕事にはしっかり取り組んではいるが、怪しい。
努力にも限度がある。その前に体を壊してしまうかもしれない。年齢的にタイムオーバーがきてしまうかもしれない。どうすりゃいいんだろう。
あんまり忙しくない会社さん。俺を雇って下さい。LaravelとDockerとAndroidアプリ開発がチョットワカルくらいのレベルです(Pythonもわずかにできます)。

異世界へ行きたい

ネットサーフィンをしていたら、いつの間にかきさらぎ駅の考察ページにたどり着いてしまい、気がつけば時間を忘れてきさらぎ駅をはじめとした異世界駅の事について調べてしまっていた。

きさらぎ駅へは静岡の遠州鉄道から迷い込むものかと思いきや、小田急小田原駅付近から迷い込んだ人もいるらしい。それを聞いた瞬間小田原へ向かおうか本気で考えてしまった。

まあ、よくできた話だから読んでいてワクワクするが、実際きさらぎ駅なんてものは存在しないだろう。現実は退屈かつ窮屈で、そんな日常に彩りを加えるために人は物語を作るようになったのだ。

どうしてきさらぎ駅に迷い込みたいなんて思うようになったかと言うと、最近仕事が苦しいからだ。今やっている仕事は、自分の力だけでは進捗状況を良くすることができず、どうしても待ちの状況が発生してしまう。それで納期に余裕があればいいのだが、そんなことはない。そんな毎日が続いているので焦るし、苦しい。これで仕事内容に興味を持てるならまだマシかもしれないが、割とお硬い仕事なので遊び心もないので全く興味が持てない。キャリアにはなっているかもしれないが、やはり作っているものに興味が持てないと苦痛でしかない。

そういう話を他人にすれば全員から「転職すれば?」と返ってくるし、自分もそのつもりで最近は動いている。だけど仕事の余裕がない中さらに転職活動というタスクを入れてしまうのは精神的に辛いものがある。もちろん、そんな弱音を吐いていても誰も助けてはくれない。自分を助けられるのは自分しかいない。

そんな状態だから、異世界に自分を連れ出してくれないかなーと思ってしまうのだ。まあ、きさらぎ駅に迷い込んでしまったら恐ろしい目に遭いそうなので、六芒星の真ん中に『飽きた』と書いて枕元に置いて寝てみようと思う。目が覚めたら異世界ハーレムモノの主人公になっていたらいいな。