親指がボロボロ

日常で思ったことを書いていく雑記ブログ

人生にもセーブロード機能がほしいよね

やりたいこと、やったほうがいいことがいっぱいあるのに、何もしたくない。そんな日もある。

なんで今日はこうなんだろうなと思ったら、これからの人生においてどの選択肢を選ぶか決められずに放置しているものがいくつかあるからだ。このいわゆる『あとでしよう』は脳に悪影響を与える。生産性や、集中力の低下。そう、今だ。

この選択肢も二者択一ならまだいい。しかし今回の場合はAとBとCという選択肢があって、さらにその先にA-1、A-2、A-3とさらに細かく枝分かれしているような状態だ。正直言って決めるのが怖い。

やっぱり人間失敗したくない。可能ならば一番良いものを選びたいし、もしかしたら決めずにいたことで最高のDという選択肢が現れる可能性もある。そんなことを考えてしまうとズルズルと後へ後へと回してしまうのだ。

勿論、失敗しないなんて無理だし、最高のDという選択肢が現れるかどうかも分からない。大事なのは、選んだ選択肢をより良くすることだけだ。

まあ、そんなことは分かってるんだけど、やっぱり可能な限り吟味した上で決めたいよね。

そもそも『自分』って何だろう

最近Twitterを開くと『某映画のチケット』関係のツイートを見かけない日は無くなってしまった。

その『某映画のチケット』に踊らされてしまった不幸な人のnoteを見た瞬間、「うわぁ、バカだなぁ。俺ならこんなのに騙されたりしないのに」と一瞬思ってしまった。しかし、自分も今思うと過去に「なぜオレはあんな無駄な時間(と金)を……」と思うような事を何度もしていたことを思い出してその思考を閉じた。

今回の場合は「自分が似たような場面に遭遇した場合、どうすれば騙されずに済むだろうか」と考えることが理想だろう。つい他人を見下して自分という存在の価値を相対的に上げたくなってしまうが、それはあまり意味のある行動とは思えない。

それにしても『某映画のチケット』もそうだが、うまい商売だと思う。人間誰だって『自分じゃない自分』になりたい。本屋の自己啓発コーナーを覗くと、『今の自分を変える』と謳っている本をすぐに見つけることが出来る。それだけ、人間誰もが変わりたがっているということだ。

自分も自分じゃない自分になりたい。だが、最近はどちらかと言えばプロゲーマーのウメハラが言っているような『(昨日の自分より)1日ひとつだけ、強くなる』という方向性で行くことにしている。

おそらく、他人になるのは難しいというか、無理だ。仮に成功した人のやり方を完コピできたとして、自分とは真逆のことを日常的にやっているかもしれない。それは間違いなくストレスがたまる。何とかストレスを乗り越えて完コピできたとしても、「これが本当になりたかった他人なのか?」と自問自答したくなってしまうだろう。

だから他人になろうとするよりは、自分の価値観に合っている他人のいいところをつまみ食いして、今の自分が自分1.0.0なら明日は自分1.0.01になろう。くらいの気持ちがいい。そしてそうやって少しずつ自分を強くしていく事を目的にする。完璧な存在になった自分を目標にしてしまうと、その間の自分は未完成な存在になってしまう。理想の自分と今の自分の差に絶望して、やる気をなくして続かなくなってしまう。

 

今の世の中は便利なもので、その辺にお誂え向きな"How to"が転がっている。それを真似れば、分かりやすく今の自分から変わることができる。

しかしそれを思考停止でまるでコピペするようにただ真似していては、そこからあえて外す。という行動は取れない。本当ならまず自分で考えてみることが大事だと思う。だけどそれはかけた時間の割に見返りがあるか分からない行動だし、そこら中に『正解っぽい』ものが転がっているから、わざわざ自分の頭で考えなくても。と思ってしまう。

しかしそうやっていると、自分がいつのまにか無くなってしまう。自分で考え、自分の言葉で話して、自分を確立していく時間が大事だよな。と思った夜だった。

完全にジャンクになる前に

2日前。久しぶりにうまい棒を購入した。30本入で300円(税抜)。普段スナック菓子は極力買わない・食べないようにしているのだが、まあ、2週間くらいかけて食べればいいだろう。そう思っていた。

昨日今日で30本全て食べつくしてしまった。さすがうまい棒。うまい。カロリーの取りすぎでかなりまずいけど。

ここで言い訳させてもらいたいのだが、決して意思が弱いわけではない。意思が弱かったら毎日のように筋トレなんてできるはずがない。

なのに、なぜうまい棒を食べきってしまったのか?それはうまい棒、というよりスナック菓子などを含めたジャンクフードは合法ドラッグだから。

味が濃かったり、カロリーや油がたっぷりな食べ物は基本おいしい。からあげ、フライドポテト、ハンバーガー、チョコレート、ラーメン……どれも深夜に食べると脳が悦ぶ。そう、おいしいのではなく、体が快感に震えているだけなのだ。

野菜たっぷりのスープ。焼き魚。これらはおいしいし、体に良い。食べると体の奥のこわばった部分が緩んだような気分になってくる。しかしジャンクフードのような強い刺激は与えてくれない。極力このようなカロリー控えめで体に優しいものを食べたほうがいいと分かっているのに、空腹を感じると、ついついハイカロリーなジャンクフード達を食べたくなってしまう。ジャンクフードは栄養バランスが悪いから、それらばかり食べていたら病気になってしまうというのに。

今日もスーパーに買い物に行ったら、おつとめ品の唐揚げが大量に並んでいた。それらを見た瞬間、薬が切れた薬物常習者のように唐揚げに手を伸ばしそうになってしまった。しかし我慢して魚の切り身を買って帰った。魚の切り身は美味しかったが、やはりジャンクフードと比べて物足りなさがある。だけどこれでいいのだ。そうやって脳が発する衝動に流されていたら、自分という人間が脳の奴隷になってしまう。自由とは、思うままに行動するのではなく、我慢の連続なのだ。

「この子俺に気があるな?」のメカニズム

なぜだか分からないが、男は「あの子俺のこと好きなんじゃね?」と勘違いしてしまいがちだ。勿論自分自身もそれによって何度苦汁をなめたことか。勘違いして頭の中のおかしなスイッチが入ってしまったら最後、その子のやる事なす事が自分への好意と勘違いしてしまい、最後には「そんなつもりじゃなかったのに」と言われるという悲劇が待っている。

しかし、なぜそんなふうになってしまうのか。その疑問について答えが書かれている本を最近読んだ。その本の名は進化心理学から考えるホモサピエンス 一万年変化しない価値観だ。

この本には要約するとこのように書かれていた。

オスは相手が本当に気があるのに「そんなわけ無いか」と否定的な誤解をしてしまって子孫を残す可能性を逃してしまうより、相手に気がなくても「自分に好意を持ってるんだな」と誤解をするほうが子孫を残す上では都合が良く、

メスは相手に気がないのに気があると勘違いしてしまいうっかり交尾をしてしまうと捨てられるリスクがあるので、その逆に進化した。

非常に説得力がある。オスはとにかくたくさんのメスと交尾することが本能に刻まれているし、対してメスは自分の体の中で子供を育てる必要があるので変なオスとうっかり交尾をしないよう本能に刻まれている。

まあ、だからといって女性に「男が勘違いするのは本能なので許してください」とは言わないし、男って本能で動いてるのかよ気持ち悪!と言われる筋合いもない。

女性の使う「キモい」も不潔だったり、見た目が悪かったりしていかにも弱そうなオスと交尾しないための本能による反応なのだから。

 

ちなみに、進化心理学から考えるホモサピエンス 一万年変化しない価値観は目からうろこの事が大量に書かれている。どうやったら異性に好かれるか、どうやったら異性に利用されないかについてはそこら辺にあふれている恋愛指南の本よりはるかに参考になるかもしれない。ただし人間という存在に絶望してしまうのでメンタルが弱ってる人は読まない方がいいです。おかげで最近は人間なんて滅べばいいのにとたまに思うことがあります。

男の足と脇のニオイ対策ベストプラクティス

やはり人は見た目が第一だとは思うが、臭い場合はよほどの美形でなければ一気にマイナスに転落してしまう。男はただでさえ気を抜くとあっという間に汚くなってしまうので、臭いの対策は非常に大事だ。

代表的な男性用のニオイ対策用品は以下のようなものがあるが、やや値段が高めな上に、色々と難がある。

脇汗用のデオナチュレは作り上残量が分かりづらいし、足用のデオナチュレはやや固めで塗りづらいうえに、石鹸で洗ってもなかなか落ちない。ただ、もちろん効果は素晴らしい。足用のデオナチュレなんて一回塗れば3日くらい効果が続くこともある。

女の子と会う時は必ず使うので家に常備はしているが毎日は使いたくない。すぐなくなるし。

そこでもう2年位シーブリーズを使っている。ドラッグストアで見かける一番安いヤツだ。

シーブリーズは安いが、足臭対策効果は非常に素晴らしい。どれくらい凄いかと言うと、去年買った靴の臭いをかぐと未だに新品の臭いがする。それくらい効果があるのだ。使い方も、適当に手にとって足に塗るだけ。しかも手についたシーブリーズも簡単に落ちる。

ちなみに恥ずかしい話だが、子供の頃から足が臭いのが悩みだった。そんな自分でも1年経っても靴から新品の臭いがまだするということは、それくらいシーブリーズは効果があるのだ。素晴らしい。

靴が臭うということは靴の中で雑菌が大繁殖しているということだ。当然靴の寿命も短くなる。よって靴が臭わなければ当然寿命が長くなる。そして靴が臭わなければ下駄箱周りが臭くなることもない。

とまあ、シーブリーズを褒めちぎってはいるが、もちろんいいことばかりではない。脇汗対策には効果があるが、やや力不足な気がする。だけど脇なら足よりは気軽に塗り直せるし、そこまで気にする必要もないかもしれない。

男オタクとして、男として生きていく

googleドライブの15GBのうちなんと6GBも専有していたエロゲのスクリーンショットを全て削除した。ついでにローカルに保存してあったものも同様に削除した。

どうして6GBもあったのかというと、Twitterでは一時期一部の界隈でエロゲのスクリーンショットで会話をするのが流行っていた。自分もエロゲのスクリーンショットで会話をするのが好きで、エロゲをプレイするときは必ず『使えそうなセリフ』の場面はスクリーンショットを保存していた。

しかし気がつけばエロゲをプレイすることもなくなり、スクリーンショットで会話するのもバカバカしく思えるようになってきて、使用機会が完全に無くなってしまった。昔の自分にとっては6GBのスクリーンショットは宝物だったが、今の自分には容量を圧迫するゴミでしかなくなってしまったということだ。

そして去年の終わり、家に大量にあったタペストリー、色紙、フィギュア等のオタクグッズを一気に処分した。二束三文で買い叩かれるかと思いきや想像以上の高値で売れたのでその足で服屋へ行き、買い取ってもらったことで得たお金は全て服に変わった。

去年1年で自分は大きく変わった。かつてのエロゲをやる時間はyoutubeや本でファッションや髪型のセット法、マインドを変える術が書かれた本など、自分を変えるため……突き詰めれば『モテるため』に費やすようになり、アニメもただ座ってみるのではなく筋トレをしながら見るようになった。特に気に入ったアニメは腰を据えて見ることもあったが、殆どの作品はながら見になってしまい、おかげであまり記憶に残らなくなってしまった。

そんな生活を過ごしていたおかげか、自分で言うのも何だが顔つきも変わってきたし、割とオシャレになった。髪型いじったり、服のコーディネートを考えるのが楽しくなってきた。今はエロゲを買うより服を買う方が楽しい。昔は女の子と話すのが怖くて仕方がなかったけど、今は全然怖くない。むしろ女の子と全く話さない日が何日もある方が怖い。

少しずつ、キモオタだった自分から『キモ』成分が抜けていっている。まあキモ成分が抜けても真人間になるわけではないが、キモオタのままよりはマシだろう。

だが、思うのだ。「自分がどこにもない」と。

体を鍛えるのも、見た目を良くするのも、自分に自信をつけるのも、言ってしまえば『モテるため』だ。つまり、今の自分は本能に支配されていると言っても過言ではない。

もちろん、アニメだとかゲームも『性』の要素はあるにはあるが、自分の好きなジャンルを深めていくことは、言ってしまえば別にモテには繋がらない。そういう意味では、人間という文化を愛する生き物らしい生き方ではないかと思う。Twitter上には『モテ』が完全に頭から消滅してしまっているかのようにオタク趣味を満喫している人たちがたくさんいる。彼らを見ていると、羨ましいと思ってしまう。自分にはもうできる気がしないし、彼らこそ人間という中途半端な下等生物から進化した、高等生物なのではないかとすら思う。

当然だが『モテ』と『オタク』両立ができないとは思ってはいない。コミケに行けばカップルや夫婦で参加している人を見かけるし、オタク向けの映画を見に行くと高確率でカップルがいる(目の前に座られると殺気が湧く)し、ゲーセンの音ゲーコーナーには高難度曲を涼しい顔でクリアしたあとに彼女と思しき女性と仲良さそうに話しているおしゃれなイケメンもいる。むしろ音ゲーに限ってはThe オタク!のような人より垢抜けた人の方が上手いまである気がする。

だけど、自分には無理だ。今までオタク10:モテ0で過ごしてきたから。それを挽回するためにはオタク0:モテ10の生活に切り替えて挽回するしか無い.....と思っているのだが、さすがにそこまでする事はできず、結局今はオタク2:モテ8(オタク2.5:モテ7.5くらいかも?)くらいに落ち着いている。ここまでのバランスになってしまうともはやオタクではないのかもしれないが、オタクとしての矜持があるので完全に0にすることはできない。それに多分0にしたら病む自信がある。

気がついたら昔の自分をひたすら否定するような存在になってしまったが、昔の自分に戻れるかといったら、絶対に戻りたくない。実はメールボックスを整理していたら、昔の自分の写真が発掘された。今になって昔の自分を見ると「よくこんな格好で出歩けたな」と思わずにはいられない。やっぱり見た目は大事だ。他人からの見え方云々より、ダサい格好をしていると気持ちもダサくなってしまう。それに昔の自分は他人から嫌われるのを極度に恐れていて、言いたいことも言えなかった。だが今は昔の自分なら言えなかったことも当たり前のように言える。

それでもやっぱり今の自分の生き方でいいのかなと、ふとした時に思ってしまう。とりあえず、隣を歩いてくれる触れることの出来る女の子を募集中です。

 

出来る男のシャンプー『サクセス24』

去年の11月ごろからシャンプーとコンディショナーにサクセス24(フルーティーフローラル)を使っている。

しばらく使ってみて、ぜひオススメしたいと思ったので記事にすることにした。

まず、シャンプーの香りがいい。ライチリキュールの『パライソ』に似ている。いい香りだ。

そしてびっくりするくらい髪の毛がサラサラになる。風呂上がりなんてまさに『フワフワサラサラ』になり、自分の髪の毛なのに揉みたくなってしまうし、手ぐしもスルスルと通る(やたら擬音が多いが、あえて使ってみた)

それくらい髪質が改善されるので、知人の女の子が「を水さんの髪の毛女の子みたい~」と触ってくるほどだ。

おまけに悩みのタネだった頭皮のかゆみも気がつけば全く無くなっていた。女性向けのシャンプーでもサラサラになるかもしれないが、こういうところはさすが男性向けだ。

そして一番すごいと思ったのは、コンディショナーだ。コンディショナーには『頭皮臭リセットアロマ』という汗に反応して香りを生む成分が含まれているが、これまた知人の女の子に『いい香り』と言われる位いい香りがするようだ。自分では全然わからないのだが、ホームページを見てもらえば分かる通り、もしかしたら男性にはそうでもなくても、女性にはいい香りに思えるような成分なのかもしれない。まあ、でも別に男性にいい香りと言われても正直……なのでこれでいい。

やはり、香りは重要だ。福士蒼汰くらいイケメンならば多少臭くても『逆にアリ』になってしまうかもしれない。しかし、そうでないならばいい香りがするのは大事だろう。

ただでさえ『雰囲気イケメン』という言葉があるのだ。いい香りを漂わせていればいい雰囲気をまとうことができる。香りは大事だ!