親指がボロボロ

日常で思ったことを書いていく雑記ブログ

雑記

TLで熱いネタ

一時期は毎日のようにブログを書いていたがここ最近はサボりがちになってしまった。継続は力なり。間を空けてしまうとブログ力(?)が落ちてしまう。なので気の赴くままに、特にとりとめのないことを書いていく。 最近twitter上では男女ネタが熱い。非モテ、…

日曜の夜にモヤモヤ

人間の欲望はきりがない。欲しかったものが手に入るとまた別のものが欲しくなる。そしてその別のものが手に入ると...と言った具合だ。それにそもそも手に入れたいものが果てしなく遠かったりする。 したがって人生で欲しいと思ったものを全て手に入れること…

楽しい毎日

『何かを始めるよりやめるほうが何倍も難しい』という格言がある。 最近それを痛感している。あれもしたいこれもしたい。とあれこれ手を出してどれも中途半端になってしまっている。1つくらいはやめたほうがいいとは思っているのだが、どれをやめようかと考…

『そっ閉じ』したほうがいいと分かっていても読んでしまう

インターネットの海を彷徨っていると恋人や配偶者に対する愚痴を見かけない日は無い。興味本位で見てしまうこともあるのだが、大体見た後に後悔するので気になっても見ないようにしているし、twitterでTLに流れてきたら機械的にブロックする。 よく見ている…

短期的な刺激か、長期的な努力の末の達成感か

最近ホラー映画にハマっている。ホラー映画は日常ではなかなか味わえないものを与えてくれる。非現実感、恐怖、痛み、そして快感。中毒性があるのかもしれない。いや、きっとある。 ホラー映画の刺激に慣れてきたというか、中毒になってきたせいかラブコメ成…

連休最終日の過ごし方

連休最終日。風は強いが天気はいいので新宿を散策することにした。いつもどおりマルイアネックスでクラロリのお店を巡回し、次の巡回場所へ行こうと思ったら、シャーマンキング!?懐かしい。最近この手の商法が流行っているけど、ついにシャーマンキングも…

現実世界はおっさんに厳しい世界です

昨晩はオフ会で盛り上がったため帰宅したのは1:30だった。そして眠りについたのは3:00頃。プリキュアを見るために8:30頃に一度起きるも、眠すぎて見事に二度寝をしてしまう。次に目が覚めたのは12:00だった。お昼を食べて家事を済ませてボーッとしていたら15…

メンタル何年保てる?

メンタルが比較的安定してきて数ヶ月。比較的平穏な日々を過ごしている。いいことだ。だが最近思うのだ。ただ何もしていないだけじゃん。 その証拠に最近ブログで書けるネタがない。一時期は毎日のようにブログのネタが思いついた最近は無理やり絞り出さない…

そして次の一年が始まるのです

今年も無事誕生日を迎えることができた。twitterで思っていた以上にお祝いのリプをもらえて嬉しかった。ありがとうございます。 幼い頃は一つ年を取るたびに自分の可能性が一つ増えたような感覚があった。だが、いつの間にか一つ年を取ることはまた一歩死へ…

商売は金を稼いでなんぼとはいえ

最近はクリエイターにファンがお布施ができる仕組みが数多くある。そしてtwitterなどのSNSでクリエイターに直接感想を送ることができる。令和の今、クリエイターとファンの距離は以前に比べて格段に近くなった。クリエイターにとって本当にいい時代になった…

いつもどおり

お店で店員さんと一言二言交わす以外誰とも話さない土日だった。いつものことだ。 もちろん寂しいと少しは思う。だが一人は一人で気楽なもんだ。それに早くから孤独になじみ、孤独を愛するところまできた人は、金鉱を手に入れたようなものと哲学者のショーペ…

全裸でブログを書いてみた

妹さえいればいい。のメインヒロインの可児那由多は全裸でないと小説を書くことができない。もしかしたら全裸になっているという開放感があればいい記事が書けるのでは!と思ってこの記事は全裸で書いている。 残念ながら全裸になれば面白いアイディアが湧い…

興奮が冷めるとき

仕事中にブログのいいネタを思いついた。まるで天啓を得たようだった。早く家に帰ってブログを書きたくてたまらなくなった。仕事を終えて浮かれながら退勤し、食事を素早く済ましてはてなブログの投稿画面を開く。いいネタでブログを書けることに笑顔になり…

シナモロール地雷おじさん

twitterを眺めていたら『マイメロ好きな女は地雷だけど、シナモン好きな男はもっと地雷』といった感じのツイートがRTで流れてきた。シナモン好きの男、つまり俺のことじゃん! まあ、自分が地雷だということは自覚している。だけどそのツイートを見たらなん…

いとこの子供を抱っこさせてもらって思ったこと

昨日まで実家に帰省していた。お盆ということもあり、いとこが自分の子供(生後5ヶ月)を連れてやってきた。年下のいとこなので赤ん坊の頃から知っている。そのいとこに子供がいる!なんとも言えない気分だ。 せっかくなので一度いとこの子供を抱っこさせても…

自分から相手に対しての好感度と、相手から自分に対しての好感度

昔から悩んでいることがある。自分はこの人と親しい!と思っているが、相手はそこまで私のことを親しいと思っていない。ということが結構あることだ。相手が女性だとしょっちゅう起きるのだが、男性相手でも結構起きている。 なんでだろうと思っていたのだが…

虚しくなる瞬間

ふとした瞬間に人生に虚しくなることがないだろうか。私は最近は『天気の子』を見たあとに虚しくなった。あと前から強く欲しいと願っていたものが思ったより大したことなかったときもなんというか虚しくなった。 虚しくなったからと言って生きるのがイヤにな…

現代に魔物は存在するか

この世には魔物という人に害を与える生物がいて、それが悪さをすることで災害が起きたり人に取り付いて狂わせてしまう。昔はそのようなことが信じられていた。今そんなことを真顔で言ったら危ない人扱いされてしまうだろう。災害が起きるのは自然現象によっ…

ついに梅雨明けか

梅雨入りしてしばらく。連日天気が悪くて洗濯物は乾かないわ、体調を崩すわで憂鬱な毎日を送っていた。 だが今日は少しだけだが晴れた。暑かったけど青空を見ていたら最近曇りっぱなしの自分の心も晴れてきた。それがとても嬉しかった。きっともうすぐ梅雨明…

ブログをやっててよかった!

ブログやっててよかった!と最近つくづく思う。 例えばTwitterでおかしなことを呟いたとする。そのときにTwitterを開いていた人はツイートの内容が嫌悪感を抱くようなものでも見る羽目になってしまう。そうすると「こいつうぜえな」と思われてしまう危険性が…

向精神薬を飲みはじめて数ヶ月経過

軽い薬だが飲むようになって数ヶ月経った。飲んでしばらくすると頭がぼーっとしてきてベッドに入るとあっという間に眠りに落ちることができる。気がつけば心臓がドキドキしたり息苦しさを感じたりすることも最近は無くなってきた。いいことだ。 もちろんいい…

『いい人ですね』は果たして褒め言葉なのだろうか

褒め言葉なのだろうか?おそらく大抵の人は褒め言葉として受け止めると思う。自分も最近まではそうだった。だが、最近は褒め言葉として受け止めることができなくなってきた。 なぜそう思うようになったのか。いい人止まり。という言葉がある。悪い人ではない…

未読・未読・既読・既読

twitterでは最近あまり変な事をつぶやかないようにしている。ツイートボタンを押す前に「このツイートを見た人はどんなことを思うのか」を一度考える。そして問題なさそうならツイートボタンを押している。 だが「いや、お前おかしな事つぶやいてるじゃん?…

10年以上前に祖母に言われた言葉

10年前の話だ。社会人1年目の自分は高校の時から好きだった女の子にアタックを仕掛けてた。(彼女の名前はCとしておこう) 食事に行こうとかいろいろアプローチをかけていた。しかしのらりくらりと誘いは躱せれ続け、気がつけば返信が全く来なくなってしまった…

自分の過去の人生ツイート

フォローしている人が自分の過去のツイートを『人生』で検索したスクショをツイートしていた。それを見て自分もやってみた。自分の人生ツイートを見ていってこう思った。 ひどすぎる!!! 今までこんなネガツイを何年もしていたのか...と自分でツイートして…

ブログを書かなくなった理由

気がつけばまったくブログを書かなくなった。書かなくなった理由は『それなりに心が満たされるようになった』からだ。毎日のようにブログを書いていたあの頃を振り返ってみると、あの頃は毎日イライラしていて、毎日に余裕がなかった。明るく振る舞っていて…

新元号と将来の自分

新元号が発表された。本当に来月から年号が平成から令和に変わってしまうのがまだ信じられない。5月以降も普通に平成が続いていきそうな気がして仕方がない。やはり平成という1つの時代が今月で終わってしまうというのは年齢=平成の年の世代としてはなんと…

毎日の過ごし方

最近平日の夜や休日のような自由時間にオタク的なことが全然できていないことにふと気づいた。プログラミングしたり勉強したり非オタ的なことばかりに時間を使っている。何年も趣味として続いていたエロゲもおそらく最後にプレイしたのは1ヶ月以上前だ。アニ…

昼の公園でお爺さんに話しかけられて人生について考えてしまった話。

お昼休みに会社近くの公園のベンチに座っていたら知らないお爺さんに「最近何か変わったことありますか?」と話しかけられた。お爺さんはマスクをしていて、さらに鼻にティッシュを突っ込んでいた。時期的に花粉症だとは思うが見るからに怪しい。しかもいき…

祖母が亡くなった

先月の終わりに祖母が亡くなった。今でも全く信じられない。祖母の骨を拾っているときですら全く信じられなかった。今でも実家に帰ったら畑仕事をしたり、大好きだった歌謡曲番組を見ているような気がする。ボケることもなく毎日何キロも歩き回っているよう…