親指がボロボロ

日常で思ったことを書いていく雑記ブログ

古いは悪なのか

散歩の途中に見かけたリサイクルショップに入ってみた。 普段あまり中古品を買うことがないのだが、使いみちのわからない謎のパーツや、今まで見たこともないような年代物が並ぶ店内を眺めるのは、まるで博物館にいるような気分になってくるのでリサイクルシ…

それでもやはりインターネットはやめられません

インターネットって人の暮らしを便利にしたけど、幸せにはしていないよな。とふと思った。 確かにインターネットがなければ自分は相変わらず人と上手く話せなかっただろうし、今でもサイズの合わないダサい服を着て外を出歩いていただろう。 それに、インタ…

ありふれた独身男性の雑記

「プロフェッショナル 仕事の流儀」庵野秀明スペシャルをリアルタイムで見た。庵野秀明監督の特異さの断片を伺い知ることができる1時間15分だった。同時に庵野監督ほどの人間でも、ありふれた事で悩むのだなと(当たり前だけど)再認識することができた。 当然…

部屋の湿度より収入を上げてくれ(一般的独身男性の日常)

最近は時間があれば新人賞に応募する作品のアイディア出しをするようにしている。 どうせ書くなら今までに書いた作品よりいいものにしたい。過去に書いた作品はプロット作成が早すぎたという反省から、プロット作成に入る前の準備に時間をかけているが、過去…

新しい服でいい気分になった話

最近メンズファッションはビッグシルエットが流行っている。 服屋に行くとやはり大きめの服が売っているし、働いている店員さんもビッグシルエットだ。 上手く着こなしている人を見かけるとおしゃれだな〜。と思うし、ビッグシルエットは欧米の人に比べて体…

薄っぺらい

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が上映されてしばらく経ち、感想記事を見かけることが増えていく一方だ。 感想の中には熱くなりすぎて庵野秀明監督への人格否定にまで達してしまっているものすらある。人格否定までしてしまうのは行き過ぎだとは思うの…

あなたには失望しました

「今までの人生で失敗ばかりだったせいか、自分に自信が持てず、全てを諦めてしまっている。そしてそれが表情に出ている」 このような事を面と向かって言われてしまった。チクチク言葉どころかグサグサ言葉だ。主観的には自分は変われたと思っていたのだが、…

シン・エヴァンゲリオン劇場版を見たらなんだか死にたくなった

公開日から遅れる事2日、やっと見に行くことができた。 感想を一言でいうと、 「前半は本当に自分はエヴァンゲリオンという作品の真の完結編を見ているのか。と不安になった」だ。 勿論作中では14年も経ってるし、世界が滅茶苦茶になってしまったのだからあ…

ステンレスは錆びにくいけど腕はすぐ錆びる

一時期は毎日のようにブログを書いていたが、最近ついついサボりがちになってしまったので無理矢理にでも書くことにする。ブログのような文章を書く能力は、少し使わないだけですぐに錆びついてしまう。これが怖い。 勿論別に書くことがないわけじゃないし、…

何だか虚しくなってきたので吐き出してみる

歯医者で歯をクリーニングしてもらった。自分の歯ってこんなに綺麗だったのかと驚愕するほどピカピカになり、この綺麗さをなるべく長く維持できるように頑張ろうと静かに決意した。 先生には「歯周病を意識したほうがいい年なので、歯磨きには気を使ってくだ…

今日も自己肯定感を上げる

最近は毎日ヘアアイロンを使って無造作束感セットにしている。少し前までは意地でもヘアアイロンだけは使わないと決めていたのだが、一度気まぐれで試してみたら今まで使っていなかった自分を殴りたくなった。 今まで意地でも使っていなかった理由は、家を出…

手っ取り早く気持ちよくなりたいので気持ちよくなってみることにした

気持ちよくなりたい。常々そう思いながら生きている。本当は女の子とイチャイチャして全身全霊で幸せを感じたいのだが、それはどうやら叶わなさそうなので他の手段で気持ちよくなることにした。 以前購入したこの本の中でローズマリーの精油を吸ってみた感想…

どしたん話聞こうか?

親しい人間が「死にたい」と言っているのを耳にすると、なんとかしたいと思わずにはいられない。もちろん、以前こんな記事を書いたように死ぬかどうかは他人の課題なので自分にどうこうできるものではないことも分かっている。 それに「あなたが死んだら私は…

2021/02/23 日記

久しぶりにゲーセンに行って音ゲーをした。ホームゲーセンは行く時間帯がいいからかもしれないが、9割くらい連コができてしまう。連コできる事自体はありがたいのだが、インカム大丈夫なのかなと不安になってくる。あまりにもインカムが少ないと撤去されてし…

この記事は朝書いたものを修正しました

今日は久しぶりに会社に行く日だった。最近はヘアアイロンで髪型をセットするようにしているのだが、今日はミスってしまった。耳の上は跳ねすぎてるし、頭頂部にボリュームをつけすぎてしまった。おかげで一昔前のアニメキャラのような髪型になってしまった…

生々しい禁止令

最近非モテと人生についての記事ばかりになってきた当ブログ。もちろん、良くないよなと思っている。オタクの残滓としてもっとオタクらしいものを嗜んだほうが息抜きになるはず。 そう思ってはいるものの、気がつけばミシェル・ウェルベックだとか生々しい作…

夜の魔物

夜ってなぜ暗いことばかり考えてしまうのだろう。もちろん、何かしらの理由があるのは分かっている。それでも、昼間はさほど気にならなかった悩みも夜に考えると頭が重くてたまらないのはきつい。 夜は悩みの重みが指数関数的に増す。100gの悩みは夜になって…

謝りたい

生きていると「こんな辛い思いを抱えながらこれから生きていかなきゃならないのか」とさらに辛くなってしまうことに遭遇する。 夢を諦めた時。失恋。大きな失敗。しかし月日が経つと思い出しても当時は辛くてたまらなかったのに「あのときは辛かったな」とい…

昼休み

一気に色々とやらかしまくってしまって頭の中が混沌としている。そんな頭の中がごちゃごちゃしている状態では当たり前だが仕事に全く集中できない。なんとか集中しようとすると脳裏に後ろ向きな感情がよぎり、作業を妨げてくる。それでもなんとか集中し始め…

バレンタインデーの夜なので語らせてくれ(日付変わっちゃったけど)

恋愛はやはり駆け引きが大事だよなと常々思う。自然に振る舞って自然に女性を魅力できる性格でもなければ、悪く言えば自分を偽る必要がある。女性は男性に比べて感情的な生き物だ。感情を揺さぶってくれる男性を魅力的に感じる。だから、「自分なら楽しい感…

何もないだだっ広い空間を1人歩く

他人から悩みを話してもらえるというのは少し不謹慎かもしれないが、自分という存在を信頼してもらえている証拠なのでやはり嬉しく感じる。それと同時に、他人に自分ができることって思った以上にないんだなと無力感を抱かずにはいられない。 例えば相手の家…

あまあま

どんな時も常に謙虚が一番だ。調子に乗ったら最後、足元を掬われて奈落の底へまっしぐらだ。 すごく今更なのだが、どうやら仕事でも恋愛でも自分は調子に乗りやすいようだ。『勝って兜の緒を締めよ』というが、勝ってもいないのに兜を脱いでしまい、斬り殺さ…

理想的な女の子

男オタクというのは女オタクと付き合いたがるものらしい。だからこそ女オタオタなんてスラングが生まれるくらいだし、所謂オタク街コンは男は10,000円に近い参加費に対して女性は1000円以下という狂った金額設定でも男の方は完売してしまう。足元を見られす…

つまらなくなりましたね

この前「を水さん最近ブログ記事つまんなくなりましたね!」と言われてしまった。彼いわく、まだ自分が病んでいた頃の尖った記事が好きだったらしい(この記事はよかったと言ってたけど)。 まあ自分でも良く言えばおとなしくなった、悪く言えば無難すぎる記事…

分かり(理解り)合いたい

最近はもうずっと在宅勤務をしていることもあり、上司とこまめにSlackで通話をすることが増えた。電話は苦手だが、業務的なやり取りをするだけなら相手の顔が見えない分言いづらいことも逆に言いやすくなるので好きだ。 在宅勤務についてのブログ記事を見る…

オリジナル

誰かの特別な存在になりてえなあ。そんなことを一日一回は考えてしまう。 女の子を追っかけ回すのは言うに及ばず、小説を書くのもブログを書くのも突き詰めてしまえばそこに行き着く。自分にしか出せない表現で自分を好きになってもらいたいからなんだと思う…

その不満、つぶやく前に

ネガツイしないようにしてしばらく経った。昔は息をするようにネガツイをしていたのだが、今はネガティブな事があっても別につぶやきたいとも思わなくなった。その代わり楽しいことや、前向きなことは息をするようにツイートするようになった。 やはり精神的…

そんなマゾヒスティックなことはやめよう

インターネットの海を漂っていると、様々なコンテンツが流れてくる。楽しいコンテンツもあるが、それと同じくらい見出しだけで見たら絶対イヤな気分になると分かってしまうコンテンツも流れてくる。政治、某ウイルスの話題、誰かの不祥事、性差、孤独死、理…

創作するようになって気づいた一つの変化

ふとした瞬間にメンタルがさらに強くなっていたことに気づいた。 当然嫌なことがあればイラっとするし、辛いことがあれば落ち込む。この前はあまりにも腹が立ったせいで、帰り道に深夜で人がいないのをいいことに「ふざけるな!!」と大声で叫んでしまった。…

人生にもセーブロード機能がほしいよね

やりたいこと、やったほうがいいことがいっぱいあるのに、何もしたくない。そんな日もある。 なんで今日はこうなんだろうなと思ったら、これからの人生においてどの選択肢を選ぶか決められずに放置しているものがいくつかあるからだ。このいわゆる『あとでし…