親指がボロボロ

日常で思ったことを書いていく雑記ブログ

日曜日の葛藤

今日も某アプリで知り合った相手と会う予定......だったのが、またドタキャンされてしまった。電車の中で『すみませ~ん。行けなくなりました!』というメッセージを見た瞬間、眉間には深いシワが寄り、大きなため息をついてしまった。メッセージを受け取っ…

悩むことに使う時間

ここ数日小説のプロットが完全に行き詰まってしまっている。いい結末が思いつかないのだ。序盤~中盤まではなかなかいい出来だが、肝心の結末がさっぱりまとまらないのだ。 そんなことをしていると、いつの間にか手段と目的が逆になってしまう。面白いと思え…

しかしハルヒを潰された恨みは忘れていない

今日は情報処理技術者試験の日だった。TLで何人かが受験しているのを観測した。合格してることを願ってます! ちなみに自分はというと、応募すらしていない。一応WEBエンジニアの端くれなのでその手の資格を取っておいたほうがいいよなとは思っているのだが…

精神衛生上極めて良くない記事

気がつけばつい「愛がほしい」とツイートする回数が増える一方だ。そんなことしても「私と付き合いませんか?」なんて言ってくれる女の子なんて現れるはずはないのに。女性というのは性別の役割上男を見る目は厳しいからだ。Twitterで愛がほしいなんてツイー…

ちょっと前向きになれた話

『生存バイアス』と『死人に口なし』って似たような意味だよな、とふと思った。 前者は生き残った者たちについての意味で、後者は敗れてしまった者たちについての意味だが、何について言いたいかは大体同じだ。 世の中には成功者が書いた本が溢れているし、…

だから今日も右に倣う

日常において「この人非常識だな~」と呆れてしまったり、苛ついてしまったりすることがたまにある。 とは言ったものの、アインシュタインは「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことである」という言葉を残している。自分が当たり前だと思…

無読

便利な世の中になった。何か気になったことがあればスマートフォンで大抵のことは調べられる。 そんな便利な道具を誰もが持つような時代になっても、満たされない感覚を常に抱いている。スマートフォンは生活を豊かにしてはくれたけど、人の心に関しては豊か…

気がつけば土日が消滅していた

昨日今日と本気で去勢しようか考えていた。しかしどうやら10歳までに去勢しないと性欲が起こらないようにはできないらしい。手遅れだ。 最近は来年の2月末締切の新人賞に応募するために、次の小説のプロットを練っている。しかし、まるで集中することができ…

どんな内容でもいつもの流れにたどり着く俺は天才だと確信した

最近youtubeで東映公式が『仮面ライダークウガ』を配信しているので、毎週2話ずつ見ていっている。クウガはリアルタイムで見て以来一度も見たことがなかったので、実に20年ぶりのことだ。 やはり最近の仮面ライダーと比べるとどうしても地味に感じてしまう。…

このくらいサクサク小説が書ければいいのに

最近自分というものがよく分からなくなる一方だ。 朝起きた直後、仕事中、女の子と遊んでいる最中、一発抜いて賢者タイムになった後。それぞれの状況で、優先しているものや思考回路がまるっきり別物になってしまう。自分でも「同じ人間とは思えねえ……」と思…

Twitterとブログはわけが違うんだよ

日曜日。ラーメンのスープを口に含んだ瞬間違和感を覚えた。 「歯茎が滅茶苦茶しみる……!」 といっても時たま起こる知覚過敏みたいなものだろうと思い、そのときはあまり気にしなかった。しかし月曜になっても火曜になっても良くなるどころか、歯同士がぶつ…

The Girl

8月終わり、Twitterを開いたらDMが送られてきていた。相手は少し前にFFになった人で、「を水さんのブログ好きです!」と言っていた人だった。 内容はシンプルに『一回遊びませんか』というものだった。小説を書き進めたい気持ちもあったが、どんな人か気にな…

ウソ、大げさ、まぎらわしい

人を好きになる。そうするとその人の全てが魅力的に見える。その人のことしか考えられなくなり、その人のことが気になって他のことが何も手がつかなくなる。些細なことで「嫌われてしまったんじゃ?」と不安になり、そしてそれが杞憂だと分かると安心する。…

夢の中でこれは夢だと気づいたときの話

最近良く眠れず、睡眠導入剤の力を借りている。 昨晩も飲んで寝たのだが、なぜか効きすぎてしまい起きたあとも眠くてたまらず、二度寝三度寝四度寝……と何度も寝たり起きたりを繰り返してしまっていた。 何度目か分からないX度寝をしたときに夢を見た。夢の中…

天井の照明を眺めながら

祝日の昼下がり。読書の最中不意に集中力が切れた。そういうときは大抵Twitterを開いたり、ニュースサイトをチェックしたりして時間を浪費してしまっていた。 しかし今日はそんな気分になれなかった。背もたれに背中預けながら首を大きく反らし、天井を眺め…

こうなっちゃうと案外気づかない

2020年9月20日夜。自分の中にあった価値観もとい固定観念が破壊された。 破壊された直後は一時的に思考能力が著しく低下し、そんな固定観念に脳を支配された事により捻くれた見方しかできなくなっていた自分が恥ずかしくて仕方なかった。そしてしばらくの間…

16年越しの理解

日本のロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONにリライトという曲がある。 その曲の中にこのような歌詞がある。 軋んだ想いを吐き出したいのは存在の証明が他にないから www.oricon.co.jp 初めてこの歌詞を聴いた時、正直ってよく意味がわからなかった。 時は…

やはり深夜はよからぬことを考えてしまう。

個人的に湯船に潜るのが好きだ。瞼の裏にある模様のある闇の中で何かを考えるのは、わずかだが非日常感がある。 今日もなんとなく湯船に潜り、闇の中でとりとめのないことを考えているうちに息苦しくなってきた。湯船から頭を出して息継ぎをしなければ……と思…

独身男性は早死しやすい。 しかし年金は払わなければいけない。 よって独身男性にとって年金は税金となんだ変わらない。そして独身男性達が払った税金は……。 なんだか悲しくなってくる。ああ年金払いたくねえ。 やっぱり男はつらいよ。世は男性社会だとか言…

たまには下ネタの記事を書きたい。

自然界には交尾をした後オスはそのまま死んでしまう生物がたくさんいる。鮭、ハチ、カマキリ(なんとメスに食われてしまう!)など、挙げればキリがない。 幸いなことに人間のオスは交尾をした後も死なない。ありがたいことなのか、ありがたくないことなのかは…

楽しくやろうや

先日おっさんだけの飲み会に行ってきた。精神が荒み、『孤独をつぶやいていた』自分にとっては闇の中から引き上げられたような気分だった。上手く気持ちを伝えられなくて自己嫌悪を抱くくらいに感謝している。 やはりおっさんだけの飲み会は気が楽だ。話題に…

Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring songは最高すぎて語彙がついて来れない

数日前の深夜のチケット争奪戦を勝ち抜き、朝イチで見に行ってきた。 感想を一言で表すならば「最高すぎて語彙力が天に旅立ってしまった」といった所だろうか。 全てが最高すぎて、「いいからとにかく見に行け」としか言いようがない。意識がスクリーンに完…

また俺はそんなことを考えてしまう

長い連休も気がつけば今日を入れてあとわずかになってしまった。あっという間だった。こうやって気がつけばヨボヨボの年寄りになって、気がつけば骨になってしまっているのだろう。 連休が始まる前は「ガンガン小説を書き進めて、完成させる勢いで行くぞ!」…

ありふれた人間が世界最強

ニコニコ動画のランキングページを見ていたらsyamu gameのMAD動画がランキング入りしていた。数分ほどその動画を眺めた後なんとなくニコニコ大百科の記事を読み始めた。 読んでいるうち憂鬱な気分になってきた。彼の特徴として挙げられているもののうち、か…

何とは言わないけど、正直飽きてしまった話

TwitterのTLを眺めていたら、Twitterの名物の一つであるソープランドレポが流れてきた。そして、ソープランドに行ってきた。というブログ記事が流れてきた。それらを見ていたら自分も行きたく、イきたくなってきた。 男性なら分かると思うが、正直出してしま…

苦しみが軽くなる瞬間

「現実ってなんでこうなんだろう」とふとした時に思ってしまうことがある。勿論、そのようになってしまっているのには理由があり、グロテスクさを感じてしまうことがあってもそれが合理的だからなのだろう。それでも、「こうだったらいいのにな」と思わずに…

異常独身男性とは何か

2020年に入り、Twitter上で『異常独身男性』というワードをよく見かけるようになってきた。そしてこの『異常独身男性』だが、明確な定義が無い印象がある。 見た目のよくない男性を中傷するのに使われるいわゆる『チー牛』はイラストと共に広まったこともあ…

2020年宇宙の旅

今日は午後からひたすら小説を書いていた。休日はついだらけてしまって平日の方が書いている時間が多くなってしまうこともあるが、今日はそうなることなくしっかりと書き進めることができた。 小説を書いているといつの間にか自分が普段考えているが上手く言…

目減りしていく価値

今日は自分のキャリアについて考える機会があった、そしてなぜだかそこから飛躍して自分の目減りしていく市場的価値について考えていた。 まずオスとしての価値。もうほぼない。全く無いとしてしまうと死にたくなってくるのであえて『ほぼない』にしている。…

全力 SPECIAL LIFE!! ~限りある人生~

先月くらいから新人賞に応募すべく小説を書き続けている。新人賞に応募する作品なので「少しでも良いものを書こう!」と考えてしまい、どうしても遅筆になってしまう。結果ブログはほとんど書かなくなり、なろうに書いている小説も1日に2行くらい書ければ上…