親指がボロボロ

気がついたら親指はボロボロじゃなくなったけど職歴と精神がボロボロの人間のブログ。自虐ネタ楽しいよ。

恐ろしくなってくる

TwitterのTLを眺めてくると『日本の賃金は~』「若者の給料は~』といった感じのツイートがRTで毎日のように流れてくる。日本はデータ的に賃金が低いということも分かっているし、実際自分自身も夕食に1000円出すのにすら躊躇するレベルの安月給だ。

しかし、思うのだ。自分自身がそもそも生活していけるほどの給料を貰えるほどのスキルがあるのかどうかということを。

もちろん、こんな生活は嫌だ。こんな生活送るために生まれてきたんじゃねえよと泣きたくなることもある。だが急に最低賃金を一気に上げるわけにも行かないし、最低賃金を上げた分必要なお金がどこかから湧いてくるわけではないから、色んな所にしわ寄せがいく。今はなんとか仕事にありつけているが、首になってしまう可能性もあるのだ。

仮に首になってしまっても、すぐに仕事にありつけるほどのスキルがあれば全く問題ない。しかし、生憎自分はそこまでのスキルがある自信はない。もし、その日が来たら職を失ってしまうかもしれない。もちろん、日本には生活保護なりいろいろあるのは分かっているが、そんなときが来たら同じような状況になる人もたくさん出てくるだろう。そんなことになってしまったら・・・。

なんだかいろいろ考えたらもう頭がいっぱいになってしまった。頭の中がいっぱいでうまく文章にできない。もっといろいろ書きたいことはあるのだが。この頭の中でゴチャゴチャしてるものをうまく文章にできればいいのになあ。

今、ぼっちが進化する

昨日今日と結局誰とも口を利かずに休日が終了した。休日は誰とも会わずに一人で過ごしていることがほとんどなのでこれがむしろ普通だ。土曜日はスーパーに買い物に出かけたが、近頃はセルフレジという便利なものがある。

ただ、孤独はどうやら体に悪いらしい。

正直言えば、少し前は寂しい。と思うことが多かった。しかし、最近は体が慣れてしまったのかそう思うことも無くなってしまった。強がりではない。家でプログラミングをしたり、BMSで遊んだり。家の中でで一人でやること、やりたいことはたくさんある上にどれも基本一人でやっても全く問題ないので誰かを誘って出掛ける必要も無いのだ。

本当に体が慣れてしまったのかは分からない。動物は群れとまでは行かなくても単体では生きていけない。現代の利器に囲まれたからと言ってそう簡単にその本質が変わるとは思えない。きっと気づいてないだけで孤独が体を蝕んでいるのだろう。もしかしたら脳が孤独に蝕まれて衰えすぎて体の不調に気づけていないか、不調なのが当たり前になってしまって不調なのを気づけていないのかもしれない。ある日急にポックリ逝ってしまうかもしれない。そうなってしまってもこうなってしまったのは自分のせいだし、なんだかんだで一人で過ごすのに慣れすぎてしまったところもあるので、これからも孤独という毒と共に過ごしていこうと思っている。

とまあ、こんな風に思考が凝り固まってしまってるのがもうすでに孤独に蝕まれている証拠かもしれない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

ツイートが現実に与える影響

最近、特に意味はないのだが「~よ」や「~わね」というような文体でツイートをしていた。最初は本当になんとなくだったのだが、最近はなんだか楽しくなってきた。しばらくはコレを続けてみようと思っている。

ところがこの『なんとなく』が現実の自分が影響されてしまったようだ。頭の中で何かを考える時に「これって~じゃないかしら」や「~だわね」というような口調で(口には出していないのだが)考えていることに気がついた。人と話すときは間違ってもそんな口調になったりはしない。そもそもほとんど人と話すことがないのだが。

ツイート(つぶやき)であるにも関わらず、心の声が影響されてしまっているのはなんとも変な話だが、ツイートの内容は大体頭の中で考えている事をそのまま文字にしていることが殆どなのでこうなってしまうのは仕方がない。しかし、ここまで影響が大きいとは思っていなかった。ツイッターが生活の一部になってしまっている当然といえば当然なのかもしれないが。

とにかく、思ったよりツイートの内容が自分自身に与える影響が大きいことが分かったので後ろ向きなツイートは控え、前向きなツイートを多くして行こうと思う。現実を良くしたい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

GW明けの初日

GWも終わり、また辛い辛い労働の日々が始まった。しかし、辛い辛い言っていても仕方がない。頑張ろう。と気合を入れ業務に臨んだ。

が、体がついてきてくれなかった。頭がボーッとして何も手が付かないし、ついつい上司の目を盗んで関係ないページを見てサボってしまったり。なんとなくなんJのwikiを見ていたら吹き出しそうになってしまい非常に危なかった。

おまけに午前中で体力を完全に使い果たしてしまい、午後は眠くて全く仕事にならなかった。全身がムズムズして辛くてたまらなかった。呼吸を止めたり、耳たぶを揉んだり、苦しい姿勢を取ってみたりと取れる対策をいろいろ試してはみたが根本的な解決にはならず、何度も気がついたら気絶していた。

給料がもうちょい良ければサボってないで頑張ろうという気持ちになれるのかもしれないが、今の給料じゃ・・・・そんな気持ちになれるはずがない。ムリ。お金欲しい。諭吉欲しい。諭吉。野口10人か樋口2人でもいいから欲しい。

 

 

2018GW総評

ついにゴールデンウィークが終わってしまった。明日からまた辛い労働がやってくる。

ゴールデンウィークに入る前は「せっかく長い休みだ!遊んでばかりいないで勉強も頑張るぞ!」と意気込んでいたのだが、結局一日中ダラダラしたり、遊んだりで終わってしまった。勉強は多少はできたが、ほぼゼロに等しい。

私はもともとクソ田舎出身だが、とある願いを叶えるために関東にやってきた。もう10年近く前の話だ。結局その願いは叶うこと無く諦めてしまったが、その間は安い給料ではたらき、遊ぶことも殆どできなかった。なので、その遊べなかった時期を取り戻したいのだ。遊んで、取り戻したいのだ。

だが、取り戻さなければならないのは遊びだけだけではない。スキルだ。クソ田舎に住んでいた頃はIT業界で働いていた。願いをかなえるのを諦めたあと、いろいろあってまたIT業界に帰ってきた。しかも畑違いだ。なので、スキルが年齢の割に全然足りない。普段の仕事だけでは遅れを取り戻すのは全く足りない。だから、家に帰ったあとや休みの日も自主的な勉強をして遅れを取り戻さなければならないのだ。

正直、今の会社はスキル不足を理由にかなり安い給料で働かされているが、生活していけない。貯金はどんどん減っていく。もうやめたくて仕方ない。だが、他の会社に行ってもスキル不足を理由に門前払いされるか、今の会社のように安く買い叩かれるかのどちらかだろう。だから、業務以外でも勉強をしてできることを増やさなければキモくてカネのないオッサンコース一直線なのだ。いや、もうおそらくキモくてカネのないオッサンコースを走り始めているだろう。

だから、遊んでばかりいてはいけないのだ。それは分かっているが、正直疲れてしまった。今の選択をしたのは自分だ。しかたがないのだ。だが、将来のことを考えるともう嫌でイヤでしかたがない。疲れた。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」

ついにデジモンアドベンチャーtri.6章が公開され、tri.も完結した。

好きな作品が完結すると寂しい気持ちになるのは相変わらずだが、幼い頃夢中になったデジモンアドベンチャーの新作が完結。というのはさらに寂しい気持ちだ。そして6章で完結ではなく、あと1章ほしかったな・・・と思わずにはいられなかった。謎の男はあっさりフェードアウトしてしまうし、まさかの02の選ばれし子どもたちは生命装置ごしのシルエットと名前だけ!tri.は初代の登場人物たちの物語だから仕方ないとは言え、成長した大輔達を見たかったなあ!とちょっとは思ってしまった。姿を借りてるから実際は違うけど、02でまともに出てきたのはデジモンカイザーの姿の賢だけになるとはさすがに想像できなかった。最終章くらいは大輔達も出てきて選ばれし子どもたち大集合!みたいになるんじゃないかと思ったのだが。まあでもよく考えたら02の劇場版だとオメガモンが噛ませ犬になっちゃってたしtri.はこれで良かったのかもしれない。なんだかいろいろ思うところはあったけど、綺麗に完結したしオメガモンがカッコよかったから最高だった。とりあえずオメガモンが出ていればOKな気がする。やっぱりオメガモンは自分たちの世代には特別な存在なんだよね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

明日は休みのはずだが

明日は休みのはずなのだが、気分がとても憂鬱だ。なにか憂鬱なことが待っているわけでもない。そのはずなのだが、明日が仕事なのではないかと思ってしまうくらい憂鬱だ。これはつまり、明日が仕事だから日曜日が憂鬱になるのではなく、いつの間にか日曜日は憂鬱になるという体になってしまったということではないのだろうか。そりゃ毎週のように日曜日の夜は「働きたくねえ働きたくねえ」と憂鬱な気分になっていれば体が「おっ、憂鬱になる時間帯だな。憂鬱になるぞ~!」と勝手に憂鬱にしてくれても不思議ではない。月365日休みがほしいなあ。もしくはもう少し給料ほしい。