親指がボロボロ

日常で思ったことを書いていく雑記ブログ

『連ちゃんパパ』を読んだらメンタルがおかしくなった話

最近Twitterで話題になっている連ちゃんパパを読み終えた。正直全部読んでしまったことを後悔している。しかしつまらなかったわけではない。1巻1巻がかなり短いとはいえ、全43巻をほぼ休憩なしで一気に読んでしまった。読んでいる間、続きが気になってクリックする手が止まらなかった。

だが、その手が止まらない。というのがこの漫画のヤバいところなのだ。ヤバイという言葉はあまり好きではないが、この漫画に対しては正直『ヤバい』という乱暴で、適当な言葉がぴったりなのだ。

この漫画の登場人物はどいつもこいつもクズばかりだ。そしてそのクズによってたくさんの登場人物が人生終了させられてしまう。そしてそんな悲惨な展開の数々に読めば読むほどメンタルが削られていく、遅効性の毒物のような漫画だ。

しかしなぜそんな漫画を読み進められてしまうのか。原因は絵柄だ。コミカルな絵柄というオブラートに包まれているためあまり抵抗なくその毒物を摂取することができてしまうのだ。そしてその毒物には中毒性がある。次は作中のクズがどんなクズな行動をやらかすのか気になって仕方なくなってしまい、自分から進んでこの連ちゃんパパという毒物を摂取してしまうのだ。

そしてこの毒物は漫画の中盤くらいで効き目がやってくる。作中内で繰り広げられている悲惨な出来事の数々にメンタルがおかしくなってくる。そして、登場人物はどいつもこいつもクズだが、全員最初からクズだったわけではない。最初は割と普通だった人もいる。しかし些細なことがきっかけにクズになってしまい自分や他人の人生を終わらせてしまうのだ。それを見ていると自分もいつかこうなってしまうのではないだろうかと怖くてたまらなくなってきてしまうのだ。

記憶を消してもう一度見たいという作品は数あれど、記憶を消してもう二度と見たくないと思った作品はなかなかないかもしれない。ただつまらないだけならいいが、この漫画は読むのが止まらなくなる危険な中毒性があるのだ。これからもふとした時に思い出して憂鬱な気分になってしまいそうだ。勘弁してほしい。