親指がボロボロ

気がついたら親指はボロボロじゃなくなったけど職歴と精神がボロボロの人間のブログ。自虐ネタ楽しいよ。

数年前の思い出

これを見てたら数ヶ月ほど多重派遣で働いていた頃を思い出しました。 anond.hatelabo.jp


当時の状態は、とある企業に常駐していました。

ただ、当時働いていた会社から直接派遣だったのではなく、

  1. とある企業のシステム開発業務を行うために、 日本人なら誰でも聞いたことのある某大企業(以下T社と呼ぶ)から派遣されていた。

  2. それでは人数が足りないのでその某大企業が主要株主の某企業(以下P社と呼ぶ)の人間が派遣されていた。

  3. それでもやっぱり足りないので2の企業経由で当時働いてる会社から派遣されていた。

このような状態でした。


そして当時の常駐先のルールで覚えているのには以下のようなものがありました。

  1. スーツ着用で勤務(当時働いている会社は私服勤務)

  2. 社内ではT社の◯◯です。と名乗らなければならなかった

  3. 広い会社で外部からお客さんがよく来ることがあり、ここへどう行けばいいかと聞かれた時に備えて覚えておく必要があった

  4. システム入れ替えなどの都合で夜遅くまで残る必要があったが、出勤時間をずらしたりはできなかった


今当時を振り返ると「うっわあ・・・」と思うのですが、当時はそんなことを思うどころか楽しんでいました。

当時働いていた会社はとても小さい会社なので知名度なんてありません。なので、T社の人間として働けるなんてすげえ!というおめでたい思考をしていました。

そして2~4に関しても特になーんにも思ってませんでした。

多重派遣ということもありP社からの支払金額も大したことがなかったようで上司が「P社からの金が少なすぎる!」とよく愚痴っていたのを覚えています。

そのためか、数ヶ月で常駐ではなく自社勤務で全く違う仕事をすることになりました。

あまり思い出すこともなくかなり忘れかけていたのですが、せっかくなので記事にしてみました。常駐先で始めて開いたソースコードがgotoばかりで唖然としたのは今でも覚えています・・・。