親指がボロボロ

アニメやゲーム、たまにスマートフォン関係で面白い事があったら面白おかしく書くブログ。

AUGUSTとDMMがコラボした『あいりすミスティリア!R』が発表

やっぱりソシャゲでした。事前登録受付中です。

ヒロインになんと沢澤砂羽さんが!それだけでやりたくなってしまいます。サンプルボイスもクソ可愛くて死にそうです。

f:id:womizu:20170922171027p:plain

とりあえず事前登録はしましたが、AUGUSTスタッフが制作してるといっても多分やらないと思います。そもそもソシャゲ自体があんまり好きじゃありませんしね。そもそもソシャゲはゲームじゃなくてサービスですからね。そのゲームが終わる時に「サービス終了」って言ってますしね。

言葉遊びは抜きにしてもソシャゲはそういうものだと分かっていますが、課金するとゲームの進行速度を早くすることができます。無課金だと何度か挑戦したり時間がかかったりするものをガンガン課金してガチャをガンガン回してアイテムを集めたり味方を強化すれば非課金より時間もかけずにクリアすることができます。悪く言えば非課金より楽できるわけです。もちろん、ソシャゲというのはそういうものです。楽してるわけでありません。在来線より特急の方が料金は高いですが到着時間は早くなります。つまりそういうことですね。お金で時間やら色々買ってるのです。無課金の人のように余計な時間をかけずに済むのです。これは気持ちいいです。ゲームじゃなくてサービスですね。これは。

これが音ゲーや格ゲ―だとどうでしょう。課金するとゲージが減りづらくなるとか攻撃力が上がるとか。そんなのでクリアしても楽しいでしょうか。楽しい人は楽しいかもしれませんがそこは最終目的にはなりません。音ゲーならより厳しいゲージでクリアすることが目標になりますし、格ゲーは相手と同じ条件で相手に勝利したほうが嬉しいですし大会では課金ゲージは使用不可になるでしょう。ソシャゲもガチャでハズレを引くこともありますし、音ゲーや格ゲ―もそのクレでまったく成果がでないことはしょっちゅうです。しかし、音ゲーでずっとクリアできなかった曲をクリアしたり、ずっと勝てなかった相手に勝ったときの瞬間は本当にたまりません。いくら金を積んでも自分が変わらなければたどり着けない領域です。

何が言いたいのか分からなくなってきましたが音ゲーや格ゲ―で得られる達成感は・・正直たまりません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...