親指がボロボロ

アニメやゲーム、たまにスマートフォン関係で面白い事があったら面白おかしく書くブログ。

咲-Saki- 実写版が面白い

Amazoプライムで2話まで配信されています

始まるまでは「おいおいマジかよ・・・」と不安しかなかったのですが、いざ始まってみると・・・面白いです。3話の放送が楽しみです!

 個人的ポイントは、

1.咲さんが可愛い

今まで登場したキャラクターの中で個人的には一番似ていると思います。

今月16巻が発売されますが1巻の頃はまだキャラが定まっていないこともあり、最新巻とは結構キャラが違います。その1巻の咲さんぽくて好きです。咲さんを現実世界に連れてきたらこんな感じなんだろうなーと思っちゃうくらい似てます。

2.原作再現度の高さ

演出とかかなり頑張ってます。原作漫画っぽい演出が多くてニヤリとさせられます。

原作初期の咲さんは平気で引きヅモをするような子でした。それにならって当たり前のようにバチーンバチーンと引きヅモしてるのが笑えます。家族麻雀しか打ったことがないから仕方ないですね(´・ω・`)

3.タコスの声がすごく頑張っている

タコスこと片岡優希のアニメの声は釘宮理恵さんが担当していました。その声にすごくそっくりなのです。タコスだけアテレコしてるんじゃないかと一瞬思ってしまうくらい似てます。いやーすごい!

 

来年2月には劇場版公開が決まってるということで(これは続きは劇場版!パターンですね・・・)期待しかない咲実写版ですが、

 2話でまさかの点数申告ミスが!

f:id:womizu:20161214215409p:plain

ダブリー一発ツモで裏ドラは乗らず。この手配を咲さんは「2000/4000」と申告していましたが咲達が打ってるルールでは切り上げマンガンは無しなので「2000/3900」が正解なのです。この上がりのあと和が「7700です」「11600です」と申告していたので間違いなく切り上げマンガンなしのルールで打っています。原作でもこのアガリのときは「2000/3900」と申告していたのでコレは明らかなミスです。他は面白いだけに点数申告ミスはホントに惜しい・・・!

といってもこんなミス程度どうってこと無いくらい、実写化としてはかなり頑張っているとは思います。3話の放送が今から楽しみです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...