親指がボロボロ

アニメやゲーム、たまにスマートフォン関係で面白い事があったら面白おかしく書くブログ。

PASELIでプレイ料金を払っているとお金を使ってる感覚がなくなる

beatmania IIDX 24 SINOBUZが稼働開始して今日で一週間です。

気がついたらすでに6000円使っていました・・・。非常にマズいです。チャージしておけばカードをカードリーダーにタッチするだけで財布からお金を出さずにプレイできるのは便利過ぎます。

f:id:womizu:20161101195355p:plain

昔はそんなことはなかったのですが、今の弐寺はプレイ料金をPASELIで払わないとプレイ時の特典が受けられないというKONMAI仕様なのでPASELIで払うしかありません。上のスクショのようにどれくらい使ったか確認できますし、au WALLETからチャージも問題ないのでau WALLETポイントが貯められるのも便利といえば便利ですが、1クレが大抵の店は120円ですし、自動で引き落とされるのでお金を入れているという感覚がなくなりついついプレイしすぎてしまいます。そもそも電子マネーとは言っても、一度チャージしたら最後、KONAMIのゲームにしか使えません。何が電子マネーだよ!実質ポイント購入してるようなもんじゃないか!

100円玉だったら「財布の中に今300円しかないから3クレでやめとくか・・・」と自制ができます。しかしチャージ式だと残高が無くなるまでプレイしてしまいます(´・ω・`)

と、ここまで書いて1クレ=100円というのがすっかり身に染み付いてしまっていたので忘れていましたが私の出身地は昔は県内にbeatmania IIDXが1台しかありませんでした。昔からbeatmania IIDXをプレイしてる人なら何県かすぐわかると思います。今は流石に1台ではないようですが・・・。当時は1クレ200円、しかもジョイント設定ではなかったのでDPは1クレ300円でした。そう、120円でDPをプレイできるのは当時と比べると半額以下なのです。うーん、そう思うと120円って全然高く思えなくなってきました。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...