読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親指がボロボロ

アニメやゲーム、たまにスマートフォン関係で面白い事があったら面白おかしく書くブログ。

ツイッターでブログのネタを拾ってくると

ブログのネタを自分のツイートから出してるので、自分のツイートを見返すことが結構増えてきました。

自分のツイートを見返すのはなんとも小恥ずかしいですが自分のその時の感情を客観的に見直すことができるので楽しいです。まったく見に覚えのないツイートがあったりとか。
 
人間思ったより自分が何を呟いたか覚えていないものですね。3日以上前のツイートだと「あ!そういやこんなこと呟いたな。」ってのが増え始めてきてそれ以上前だとそればかりになってしまいます。
イラッとしてストレスのはけ口に呟いたツイートを見返してしまうとその時の感情が蘇ってきて胃にグッとダメージが来ます。他の人はどうだか分かりませんが私にとってはツイートを見返すのはあまり精神衛生上良くないようです。楽しいですけど。
 
これらのツイートって、仮に今日死んでしまったとしても残り続けるんですよね。Twitterがサービス終了するまでは。ヘタすればその後もずっと。
だからと言ってお上品なツイートを心がけたって全く楽しくありません!
死んだ後のことを考えたって無意味ですので気にせずこれからもツイートし続けます。
 
死んだら同じなのです。どんなに楽しく生きようと、どんなにつまらなく生きようと最終結果は同じ。「自分より人生楽しんでる奴がいるんだろうな」と悲観的になっても行き着く先は同じなのですから人生つまらなくてもあまり気にしないほうがいいのかもしれません。